【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂・夜神楽始まる

本紙掲載日:2023-11-20
1面
18日を皮切りに始まった「高千穂の夜神楽」氏神を舞い込む奉仕者(五ケ村西公民館)
「地固め」(下永の内公民館)

収穫に感謝、来年の豊穣を祈る

◆15地区で来年2月初旬まで

 高千穂町の国指定重要無形民俗文化財「高千穂の夜神楽」が18日、始まった。コロナ禍による中止や制限を経て4年ぶりの通常開催。来年2月10日まで、週末を中心に町内15地区で奉納される。

 氏神を神楽宿と呼ばれる公民館や民家などへ招き、秋の収穫への感謝と翌年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈る伝統神事。

 同町では毎年11〜2月、31保存会の奉仕者(ほしゃ)が夜を徹して33番の舞を奉納するが、関係者らの負担軽減といった理由から、日中に日神楽(ひかぐら)として行う地区もある。

 初日は押方の五ケ村西公民館(佐藤則義館長)で夜神楽、岩戸の下永の内公民館(富磅麓4枋后砲覇神楽が行われた。

 寒風に揺れる木々が冬の到来を感じさせる中、太鼓や笛の音とともに氏神が神庭(こうにわ)へ舞い込んだ。伝統の衣装や神楽面を着けた奉仕者は周囲を彫(え)り物、御幣、しめ飾りなどで飾った神庭で厳かに舞った。

 今年は、7日時点で10の神楽宿が一般公開を予定している。問い合わせは町企画観光課(電話高千穂73・1212)または町観光協会(電話高千穂73・1213)。

夜神楽の日程は次の通り(地区、神社、神楽宿、駐車台数の順)。

[18日]五ケ村西(中畑神社)五ケ村西活性化センター(50台)
[22日]下野(下野八幡神社)下野西公民館(40台)
[25日]岩戸(御霊神社)佐藤勇三さん方(60台)▽向山秋元(秋元神社)秋元公民館(30台)=コロナ対策のため振る舞いはしない=

■12月
[2日]押方(二上神社)山附ホタルの里ふれあいセンター(20台)=コロナ対策のため振る舞いはしない=▽三田井(逢初神社)下川登公民館(10台)=コロナ対策のため振る舞いはしない=
[9日]押方(嶽宮神社)下押方公民館(20台)▽岩戸(石神神社)野方野公民館(60台)

■1月
[13日]河内(熊野鳴滝神社)田原出張所(20台)=コロナ対策のため振る舞いはしない=

■2月
[10日]田原(熊野神社)上田原公民館なごみの館(50台)

その他の記事/過去の記事
page-top