【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 300円
▽LL サイズ 1枚 500円
▽A4 サイズ 1枚 1,200円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は500円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 300円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 500円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 1,200円
(ラミネート加工は300円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

〃薄幸の歌人〃をしのぶ

本紙掲載日:2023-11-20
8面

小野葉桜を顕彰、歌碑に献酒・美郷町西郷

 美郷町西郷出身の歌人小野葉桜を顕彰する「第35回葉桜まつり」がこのほど、同町の西郷ニューホープセンターであった。地元の顕彰会員や町職員ら約100人が出席し、不遇の人生を歩みながらも数々の作品を残した〃薄幸の歌人〃をしのんだ。

 まつりは、小野葉桜の功績やその作品を末永く顕彰し、地方の詩歌の豊かな発展を願って毎年開かれている。

 神事は、「父上の子の百姓にかへらなむ垂り穂の秋のここのふる郷」の歌が刻まれた歌碑前であり、田中秀俊町長らが祭壇に玉串をささげ、献酒した。

 その後、同センターで「葉桜のうたコンサート」が開かれ、糸井美代子さん(延岡市出身)のピアノ伴奏で、ソプラノ歌手東由子さん(都城市出身)が小野葉桜歌謡集から「ふるさとの母を訪ねて」「秋草に寝て」などを披露。葉桜の短歌を歌い継ぐ地元のコーラスグループ「コールチェリーナ」も加わり、短歌が織りなす美しい旋律に聞き入っていた。

 この日は、町が募集した第35回葉桜短歌賞の入賞者表彰式もあり、一般の部で最優秀賞に輝いた門田祥子さんらに表彰状を贈った。今回は一般、小学生、中学生、高校生の4部門に県内外から1513首の応募があり、門田さんのほか、小学生の部で平尾総将さん(美郷町立美郷北義務教育学校6年)、中学生の部で白尾弥和さん(小林市立紙屋中学校2年)、高校生の部で川琉愛さん(県立小林高校1年)の作品が最優秀賞に選ばれた。

 式ではまた、短歌賞の選者で歌人伊藤一彦さんによる選評、葉桜と同じく同町西郷出身の歌人藤田世津子さんの生涯と作品も顕彰しようと設立された「第16回藤田世津子賞」の作品発表も併せて行われた。

その他の記事/過去の記事
page-top