【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
ご本尊様を前に吹奏楽の響き
本紙掲載日:2017-04-03
6面

本堂に約60人の力強い演奏が響いた

常念寺で牡丹を観る会−延岡

 延岡市大武町の常念寺(酒井真也住職)で2日、恒例の「牡丹を観(み)る会」があり、檀(だん)信徒や地域の人たちでにぎわった。

 同寺は慶長4(1599)年の開山で、400年以上の歴史を誇る。開山時の延岡藩主・高橋元種公から最後の藩主である内藤政挙公に至るまで、歴代藩主が咲き誇るボタンをめでたと伝えられ、別名「牡丹寺」とも呼ばれたという。そこで、ボタンの花を通じて地域を盛り上げようと檀信徒会(長渡靖夫会長)が平成26年から観る会を行っている。

 例年この時期には、大輪の花が咲き誇るが、今年は寒さが続いたせいで3輪ほどが開いたのみ。それでも地域の人たちが訪れ、お茶やお菓子の接待を受けて、季節の話題を楽しんでいた。

 午後からは、毎年人気の本堂での吹奏楽コンサート。今年は東海小、東海東小、西階中の生徒に加え、延岡星雲高生も加わって約60人の大編成となった。

 「海の声」のオープニングに続き、「花束を君に」「世界に一つだけの花」、テレビドラマの主題歌「恋」など6曲を演奏。映画「男はつらいよ」のテーマでは2人の小さな「寅さん」が会場を巡り、盛んな拍手を浴びていた。

 酒井住職は「皆さんの素晴らしい演奏を、ご本尊様も喜んでおられると思います。ボタンは8日の花祭り(灌仏会)のころには咲き誇ると思います。甘茶のお接待もありますので、ぜひまた足を運んでください」とあいさつした。

 長渡会長も「年次計画で少しずつ株を増やしています。今年は開花が1週間ほど遅くなったのが残念ですが、花祭りのころは期待できるでしょう」と話していた。