【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
棚田一面のチューリップ−中川でまつり
本紙掲載日:2017-04-10
1面

棚田を彩るチューリップを一目見ようと、大勢の人たちが訪れた中川チューリップまつり(9日、日之影町七折の中川集落)

開花遅れ、2週間は楽しめそう−日之影

 約3万5千本のチューリップが見頃を迎えた日之影町七折の中川集落で9日、中川チューリップまつりがあり、春らしい陽気の下、町内外から訪れた大勢の人たちでにぎわった。

 同集落では、平成15年から農閑期の棚田を利用して「チューリップの里づくり」に取り組んでいる。

 まつりは、地元の「中川チューリップの里づくり協議会」(瀧川宗利会長)による恒例行事。毎年4月の第1日曜日に開催しているが、今年は気温の低さでチューリップの開花が遅れたため、1週間延期して開いた。

 集落の約30アールの棚田に植栽されたチューリップは、暖かい日が続いたこの1週間で一気に八、九分咲きに。この日は、家族連れやカップル、グループなどがひっきりなしに訪れ、あぜ道を歩きながら寄り添うように花開いたチューリップを観賞したり、写真に収めたりする光景があちらこちらで見られた。

 棚田の一角に設営されたテントでは、地元の人たちや町内の道の駅、飲食店による農産物や加工品、うどん、おにぎりなどの販売もあり、山あいの小集落はにぎやかな雰囲気に包まれた。

 瀧川会長によると、チューリップはこれから2週間ほどは楽しめるという。同集落は、延岡市方面から車で向かう場合、国道218号の青雲橋東詰めを右折して約30分。途中に案内板が設置されている。