【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
延岡市城山第8代鐘守−52歳、47歳・日發気麌弸
本紙掲載日:2017-04-11
1面

延岡城址第8代鐘守に選ばれた日高康彦さん・真理子さん夫妻

康彦さんUターン「精いっぱい」

 延岡市は11日、城山の鐘を突き市民に時を告げる延岡城址(し)第8代鐘守を発表した。選ばれたのは、福岡県那珂川町在住の日高康彦さん(52)・真理子さん(47)夫妻で、康彦さんは同市北浦町出身。「城山の鐘は歴史ある市のシンボル。精いっぱい務めたい」と抱負を語った。鐘の隣の官舎の改装工事を終えた後に居住し、時報と公園管理業務をスタートする。

 第7代鐘守を16年間務めた矢島茂さん・征子さん夫妻が昨年12月に引退したことを受け、週休2日制の導入など応募要件の見直しを行い、今年2月13日から1カ月間にわたり後任を公募。市内外から12組(市内、市外各6組)の夫妻や親子、元同僚らからの応募が寄せられた。

 面接による選考会を3月16日に行い、市のシンボルとなる「鐘守」に望ましいか、毎日・定刻の鐘突き業務を誠実に遂行できるか、業務を長期継続できるか、コミュニケーション能力があるかなどを基準に判断。誠実な人柄や長く務めることが期待できる年齢の若さなどから、日高夫妻が選ばれたという。

 市役所で記者会見した康彦さんは、いつかは地元にUターンしようと考えていた時に公募を知った経緯を話した上で「市の観光スポットとなるようPRにも努め、市の発展に役立ちたい」、東北出身の真理子さんは「市民に愛される城山の鐘の鐘守を精いっぱい務め、延岡に貢献したい」と話していた。

 同席した首藤正治市長は「延岡城址の鐘を市民は格別の思いを持って聞いている。日高夫妻が鐘守に決まったことで、思いを持った人の手で突かれる鐘の音を聞くことができることを素晴らしく思うとともに、ホッとしている。観光客に城の歴史やヤブツバキなどを紹介できる鐘守になってほしい」と期待した。

 日高夫妻は、延岡城址天守台の城山の鐘を午前6時、8時、10時、正午、午後3時、5時の計6回突いて市民に時を知らせるほか、城山公園の清掃・除草などを行う。時の記念日の6月10日には、第7代鐘守の矢島夫妻との交代式を予定しており、日高夫妻が鐘突きを披露する。

 延岡市の城山の鐘は明治11年から139年間、歴代鐘守の手により市民に時を告げている。自治体管理の公園で人の手で鐘を突いているのは、同市のみという。