【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
甲斐靖一さんグランプリ受賞
本紙掲載日:2017-05-03
9面

グランプリ・甲斐靖一さんの「朝の行縢山」
準グランプリ・後藤司郎さんの「豊かな海」
準グランプリ・甲斐民人さんの「菜の花と走る」

第2回のべおか一番!フォトコンテスト

◆10日まで展示、イオン延岡店

 延岡花物語実行委員会(清本英男会長、谷平興二実行委員長)が募集した「第2回のべおか一番!フォトコンテスト」の審査がこのほど行われ、延岡市野地町の自営業甲斐靖一さん(70)の「朝の行縢山」がグランプリの名誉会長賞(賞金3万円)を受賞した。

 昨年4月1日から今年3月末日までの1年間に、花物語の会場に限らず、市内の祭りや絶景などを撮影した「延岡をアピールできる写真」を募集。46人から145枚の応募があった。二科会写真部会員の竹尾康男さんが審査した。

 準グランプリの会長賞は後藤司郎さん(延岡市川島町)の「豊かな海」、同じく準グランプリで花物語関係作品を対象とする実行委員長賞(花物語ベストフォト)は甲斐民人さん(同市野田町)の「菜の花と走る」に決まった。賞金はともに2万円。

 入賞・入選作品は10日まで旭町のイオン延岡店1階に展示されている。最終日は午後5時まで。

 奨励賞以下の入賞、入選者は次の通り。


【奨励賞】
▽旭化成賞=川端章(延岡市昭和町)「陽光を浴びて」
▽県タクシー協会延岡支部賞=大塚純子(延岡市桜小路)「椿のウエルカム絨毯」
▽延岡ホテル旅館組合賞=長谷川映見(延岡市北方町)「大地の目線」
▽九州労働金庫賞=彦坂和雄(新富町)「淡島さん火渡り」
▽JR九州旅客鉄道賞=菊池貢(延岡市稲葉崎町)「火祭りにて」
▽延岡飲食業組合賞=家森忠雄(日向市)「投影」
▽延岡商工会議所賞=甲斐直志(延岡市高野町)「街に蛍」
▽西日本シティ銀行賞=持原弘和(延岡市出北)「茶畑の夕暮れ」
▽鹿児島銀行賞=笹田照夫(延岡市南一ケ岡)「夢に向かってTakeoff」
▽大分銀行賞=阪元正興(日南市)「出番前」
▽宮崎太陽銀行賞=阿部節子(延岡市大貫町)「春らんまん」
▽延岡信用金庫賞=日睛昭(延岡市北浦町)「山社の春」

【入選】
▽延岡市=工藤杏菜(緑ケ丘)、田中芳典(野田町)、岡宏之(富美山町)、甲斐由美桂(古城町)、大塚道生(野地町)、山弘道(緑ケ丘)、児玉美智子(同)、新名光子(牧町)、千葉雄一(古城町)
▽日向市=黒木武
▽門川町=三輪慶八、的場利枝
▽高千穂町=戸皸
▽都農町=河野通廣
▽大分県佐伯市=工藤計子