【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
男女高校生、伸び率顕著
本紙掲載日:2017-05-04
1面

県内小中校生体力・運動能力

◆20年度比全体的に高水準−握力、投力低下課題も

 5日は「こどもの日」。県内の小・中・高校生の体力・運動能力は8年前と比べ、全体的に高い水準にあることが県教委の平成28年度調査で分かった。とりわけ男女高校生の伸びが顕著だった。一方で、男女のほぼ全学年で握力と投力の低下が浮き彫りとなっている。

 恒例の体力テストを昨年4〜7月、小学校237校の6万264人、中学校134校の2万8490人、高校37校の2万1505人に実施。小学生は8種目、中・高校生は9種目を測定し、調査開始の16年度以降でピークだった20年度平均値と比較した。

 高校生の女子は全学年とも7種目で同平均値を上回り、特に反復横跳びは全学年で16年度以降の最高値をたたき出した。1年の50メートル走も一番の好タイムだった。男子も3年が8種目、2年が6種目、1年が4種目で同平均値を上回った。3年は50メートル走など4種目で最高値をマークした。

 中学生も女子の充実が目立ち、同平均値を2、3年が7種目、1年も5種目で上回った。男子は1年が4種目、2、3年は3種目にとどまった。

 小学生も女子優位。全学年が上体起こし、反復横跳び、シャトルランで同平均値を上回った。男子は反復横跳びとシャトルランの記録が5学年で伸びた。

 低下に歯止めがかからないのが握力と投力。握力は高校生女子3学年を除く男女全学年で、ボール投げも高校生の男子3学年と女子2、3年を除いて同平均値を下回った。立ち幅跳びも小学生男子を中心に落ち込んだ。

 課題克服に向け、28年度県体力づくり優良校の一つに選ばれた坪谷小(日向市東郷町)は握力強化のため、鉄棒運動などに継続して取り組んだ結果、全学年で向上したという。投力対策では宮崎市の中学校が肩関節や股関節の可動域を広げる運動で成果を上げる。

 県スポーツ振興課は「握力はタオル引きや腕相撲などでも鍛えられる。投力強化は正しい動作で投げる機会を増やすことが重要。実践事例集などを参考に効果的な対策を講じ、バランスの取れた体力づくりに努めてほしい」としている。