【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
環境にやさしい米のとぎ汁EM発酵液
本紙掲載日:2017-05-04
6面

EM発酵液を作る三川内小中学校の児童

小中学校で作り方指導−延岡市地域婦人連協北浦支部

 延岡市地域婦人連絡協議会北浦支部(中村治代支部長、280人)は1日、北浦町の三川内小中学校と北浦小学校を訪ね、児童と一緒に「米のとぎ汁EM発酵液」を作った。

 EM菌は有用微生物群で、作物生産に有効な微生物を多数集め共存状態にしたもの。その微生物によって物を腐らせないなどの働きを持つ抗酸化物質を作り出す特徴がある。

 作った発酵液は名前の通り、米のとぎ汁にEM発酵液を混ぜて作る。三川内小中には同支部の甲斐洋子さんら2人が訪れ、児童16人を指導。甲斐さんは、「台所の匂いにも効果的」「排水溝に流しても川にも影響がなく、体に害はない」など説明。早速、作業に入った。

 児童が持参した米のとぎ汁にEM菌の入った液体、糖みつを加えて混ぜ合わせて完了。液体は、暖かい場所に置いておけば4、5日ほどで完成する。

 同校では作ったEM発酵液約30リットルを2週間後プールに投入し、その後、ブラシなどを使って清掃してプール開きを行うという。

 甲斐爽暉君(6年)は「EM菌を投入した後にブラシで洗うときれいになる。泳ぐのが好きなのでプールが楽しみ」と話した。

 同会では、環境活動の一環として米のとぎ汁EM発酵液のほか、EM菌、「ぼかし」(米ぬかとEM菌と糖蜜を混ぜた物)を広める活動を行っている。小学校で指導をするのは今年で10年目。

 甲斐さんは「ぼかしは生ごみと混ぜて堆肥にして使うとおいしい野菜ができる。今後も環境活動に取り組んでいきたい」と話した。