【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
新嘗祭に献上−門川産米とアワ
本紙掲載日:2017-05-25
1面

早乙女姿と法被姿で献上する米の苗を植え付ける西門川小・中学校の児童生徒ら

5月25日、御田植祭−西門川の神舞地区

 毎年11月23日に行われる宮中祭祀(さいし)の一つ、新嘗(にいなめ)祭に門川町産のコメとアワが献上される。地元農業者らでつくる同町献穀事業実行委員会(委員長=猪倉照央・上井野区長)は5月25日、同町西門川の上井野・神舞(かんまい)地区の田んぼで御田植(おたうえ)祭を行った。

 田んぼや参加者らをはらい清める神事の後、地元農業者がくわとすきを持って約50アールの田んぼに入り、「おこしませー」「ヨイトナー」「ならしませー」「ヨイトナー」などと掛け声を合わせ打ち初め、代かき初めを行った。

 その後、西門川小中学校の児童生徒と教職員ら約70人が、早乙女姿や法被姿で植え初め。一列になって田んぼに入り、普通期水稲「おてんとそだち」の苗を丁寧に手で植え付けた。

 安田修町長は「神々が舞う、この神舞の地で行われることをうれしく思う。参加された皆さん一人一人にとって、すばらしい思い出の日になることを願っている」、猪倉委員長は「今回の献穀を農業文化や地域文化の伝承、地域活性化や町全体の農業振興につなげたい」と、それぞれあいさつ。早乙女姿で植え初めに参加した西門川中学校1年生の瀧口葵さんは「衣装を着たら気合が入りました。おいしいおコメになるように元気に育ってほしい」と笑顔で話した。

 同町から新嘗祭に献上されるのは、昭和51年以来41年ぶり。献穀者には上井野里づくり組合(黒木禮二郎会長、会員37人)が選定され、田んぼを提供した同組合役員の安田元信さんが御田植祭の田長(たおさ)を務めた。