【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
悪質商法や多重債務など−相談窓口の周知を啓発
本紙掲載日:2017-05-25
2面

「みやざき犬」や「アリンコちゃん」も参加して相談窓口をPRした県消費生活センターのキャンペーン

イオン延岡店でキャンペーン−県消費生活センター

 悪質商法や多重債務などについての相談窓口を広く知ってもらおうと、県消費生活センターは23日、イオン延岡店で啓発キャンペーンを実施した。相談窓口を設けている同センター延岡支所と延岡市消費生活相談室の職員が参加。同センターのオリジナルキャラクター「アリンコちゃん」と県のマスコット「みやざき犬」も登場し、案内のパンフレットやグッズを配布した。

 県消費生活センターに寄せられる相談は、ここ数年7000件超で推移。最も多いのが、スマートフォンやパソコンなどインターネット関連の架空請求やワンクリック請求についての相談という。

 架空請求は、「過去に利用したサイトで、無料期間内に退会していないため料金が発生した」などと、身に覚えのない通知やメールが送り付けられる。ワンクリック請求は、アダルトサイトで年齢認証ボタンを押したら自動登録され、高額な請求画面が表示される。

 同センターは架空請求とワンクリック請求に対しては、「応じる必要はなく、逆にこちらから連絡してしまうと相手に電話番号などを知られてしまうことになる」と注意を呼び掛けている。

 フリーローンや消費者金融などをめぐる多重債務の相談も依然多い。最近はクレジットカードのショッピング枠を現金化して返済に窮する人も多く、こうした行為は詐欺罪に問われたり、個人情報が悪用される恐れがあるという。

 また、訪問業者による、いわゆる「押し買い」への苦情相談も多く寄せられている。着物や家電類などの不要品を買い取ると言って訪問し、実際には貴金属類を半ば強引に安値で買い取ろうとするのだという。

 消費生活センターでは、刑事事件の特殊詐欺についても「相談していれば被害を防げたケースは多い」として、「恥ずかしがることはありません。最初は電話1本でも匿名でも構いませんので、気軽にご相談ください」と呼び掛けている。

 どこに相談していいのか分からない場合は、局番なしのホットライン「188番」が便利。音声案内に従い郵便番号をダイヤルすれば、最寄りの市町村の相談窓口につながる。郵便番号が分からない場合でも、県消費生活センターや国民生活センターにつながるようになっている。