【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
清流に躍る銀鱗
本紙掲載日:2017-06-01
7面

アユ漁解禁初日から豊漁

◆アユと“知恵比べ”

 五ケ瀬川水系と祝子川水系でアユ漁が解禁された1日、県内外から訪れた太公望たちが早朝から川に入った。

 五ケ瀬川の上流、日之影町七折の町役場前から下流にかけての瀬にも夜明けと同時に釣り人が入った。川の流れを見詰めながら長いさおをしならせ、おとりを誘導し、アユとの〃知恵比べ〃に挑んでいた。

 日之影町周辺は全体的に好調な様子で、数分に1度の割合で跳ねるアユを引き上げる釣り人も見られた。

 東京から毎年解禁の日に訪れているという会社役員の男性(58)は「ここ数年で(アユが)一番多い。漁協や関係者の皆さんの努力がうかがえます」。

 約2時間で20匹の釣果と好調な出だしに笑顔。型も大きいものが多いようで、「大きいのに糸を切られました。悔しい」と仕掛けを作り直していた。

 そこから少し下流で、さおを操っていたのは延岡市の会社員男性(40)。やはり夜明けと同時に川に入っており、20センチ級が2匹と型は良かったものの数ではやや苦戦。この男性も〃大物〃に糸を切られた直後で悔しそうな表情。「解禁日にまだ2匹。川の様子はどうなんでしょうね。場所を変えてみましょうか」と話していた。

 北方町八峡でアユに挑んだ延岡市の男性(79)はアユ釣り歴15年ほど。午前6時ぐらいから釣り始め、約1時間の時点ではまだ釣果は少なかった。「ここ3年ほどは釣果が悪かったが、今年は良さそう。大きさは17〜20センチで例年と同じぐらい。きょうは昼ぐらいまで川に入って、天気が良ければ週に2、3回来たいですね」と話していた。