【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

クイズに挑戦、商品ゲット

本紙掲載日:2017-06-03
2面
今年の危険物安全週間ポスター

4日から危険物安全週間−延岡地区危険物安全協会

 延岡地区危険物安全協会(山本秀輝会長)は危険物安全週間(4〜10日)に合わせて、抽選で正解者各10人に「マルチソーラーライト」「LEDテープライトとUSBモバイル電源」が当たる危険物安全週間クイズへの応募を呼び掛けている。今月末締め切り。

 マルチライトは手持ちと卓上に切り替えが可能で、FMラジオ付き。ソーラー、USB、手回しで充電でき、最大約25時間使用できる。テープライトはUSBから電源を取るひも状の照明。マグネット付きで、モバイル電源によりアウトドアなど多用途に使える。

 問題は2問で、問1は設問内の「○」に入る文字を当てる。問2は3択。問題は次の通り。

【問1】
「あなたなら○○○の着地決められる!」

【問2】
次のうち、軽自動車の燃料はどれでしょう?
.ソリン軽油E油ぅ蕁写

 応募は、官製はがきかファクスで受け付ける。はがきに答えと住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、〒882−0802延岡市野地町5丁目2761番地延岡市消防本部内延岡地区危険物安全協会へ。締め切りは30日(当日消印有効)。

 ファクスは、専用の応募用紙で同協会(ファクス0982・31・0303)へ。7月中旬に抽選し、当選者にははがきで連絡する。

 問い合わせは、延岡地区危険物安全協会(電話延岡22・7102)へ。

◆使用・保管の安全間徹底を

 「あなたなら無事故の着地決められる!」を推進標語とする平成29年度危険物安全週間が4日から始まる。10日まで。消防本部や危険物安全協会などの関係機関は、広報活動や危険物施設への立ち入り検査などを通して、危険物についての正しい知識や取り扱いを呼び掛けている。

 危険物は、ガソリンや灯油などのみと思われがちだが、油性塗料や接着剤、マニキュア、ヘアスプレーなどの日用品まで、多くの製品に用いられている。正しく使えば生活に役立つ半面、取り扱いを間違えば火災や爆発につながり、命や財産を一瞬で奪うことさえある。

 危険物による火災は毎年多発しており、関係機関は安全週間を通して啓発活動を展開。今年は重点目標に「危険物施設における保安体制の整備強化」「危険物に関する知識の普及啓発」を掲げている。

 具体的には、ヾ躙永の近くで火気は使わない危険物容器は丁寧に取り扱う整理整頓ご控い療按讚ダ電典い鬚燭瓩覆きε油用ポリ容器にガソリンを入れない保管方法や危険特性を再認識する┥嘆仞瀏の用意―−を訴えている。

 また、危険物取り扱い事業所に対してはポスターや冊子の配布、啓発用ビデオ・DVDの貸し出しを通して、危険物施設の防火管理や流出事故防止対策などを指導している。

その他の記事/過去の記事
page-top