【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
県北のお産体制支援も−県
本紙掲載日:2017-06-03
1面

27億円で71事業−地域医療介護の実施計画

 県は、地域医療介護総合確保基金事業の今年度実施計画案を明らかにした。国からの交付金を含めて約27億2000万円(医療分17億5000万円、介護分9億7000万円)を見込み、県北地区の安心してお産ができる体制づくり支援など71事業を予定する。県医療審議会(会長・河野雅行県医師会長、18人)に示した。

 県医療薬務課などによると、医療分(38事業)では新規として宮崎大学医学部付属病院、県立延岡病院と県北地区の6医療機関をつなぐ周産期医療ネットワークシステム構築事業(約9080万円)。ICT導入で胎児心拍数モニタリングを専門委のいる2次医療施設で供覧できる体制づくりを支援する。

 また、へき地公立医療機関の常勤医師確保のため、宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座運営支援を継続。看護師確保、子育てで現場を離れた女性医師らの復職支援にも取り組む。訪問看護推進、訪問看護ステーション等設置促進強化事業などもより充実させる。

 介護分は33事業。認知症高齢者グループホームなどへの整備助成や、介護未経験者対象の就業実践講座による入職の支援。新規ではテレビ、ラジオを通じて介護の魅力を発信するとともに、放送番組配信のホームページ作成や学校に配布するDVDを作製する。

 同基金は消費税増収分を活用した財政支援制度。都道府県は毎年度、地域の医療・介護関係者との協議を経て実施計画案を厚生労働省に提出。交付金内示を受けて交付申請(計画正本提出)する。県は7月中旬に交付申請し、8月下旬予定の交付額決定を受けて事業を実施する。