【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
「よのなか先生」スタート
本紙掲載日:2017-06-08
1面

起業までの努力について話した「よのなか先生」甲斐・延岡西部処分場社長

県内2カ所目本格稼働−延岡市キャリア教育支援センター

◆多様な仕事、生き方・児童、生徒に

 延岡市キャリア教育支援センター(水永正憲センター長)の「よのなか教室」が7、8日、同市岡富中学校(瀬戸山初博校長)の3年生を対象に行われた。同センターは、産業界と教育界が連携して児童生徒に地元産業の魅力を伝え、若者の地元就職率を上げようと、延岡商工会議所(清本英男会頭)が1月に開設した。これまでに30代から70代の50人以上が「よのなか先生」として登録している。教室開催は同センター設置後初めて。

 2日間で8人の「よのなか先生」が教壇に立ち、今の仕事に就くまでの経緯や仕事への思いなどを話した。生徒たちは1日2人ずつ4人の話を聞いた。

 産業廃棄物処理業の甲斐重孝さん(70)=延岡西部処分場社長=は農家に生まれ、経済的理由で高校に行けなかったため、中学卒業後22歳まではいろいろな仕事をしていた。23歳で旭化成に一般公募で入社。その半年後に死去した父親に代わって妹4人を養った。

 高学歴の同僚に負けたくないと24歳から夜間高校に通い卒業した。3交代での旭化成の仕事と農家の仕事をしながらの勉学で睡眠時間は4時間。弱音を吐いた時もあったが踏ん張った。「勉強して努力したから人が認めてくれて、給料も上がった」

 親族に起業して成功した人がいた影響で、43歳で起業を志し、仕事をしながら資格を取得。50歳で会社を立ち上げた。「自分の好きなことを一生懸命すれば必ず活路が開ける。思う、願う、叶(かな)う」と力強く話した。

 甲斐社長の話を聞いた花村仁君(14)は「努力の大切さが分かった。自分は不器用だけど、家を造りたいので大工になりたい」と話していた。

 同センターは、小・中・高校の要望に沿って「よのなか先生」を派遣する。コーディネーターの桑畑拡さんと敷石輝幸さんが学校と企業を回り、学校のニーズ把握と「よのなか先生」探しをしている。あらゆる職種・年代にわたる「先生」を必要としており、今年の目標登録数は100人。

 桑畑コーディネーター(67)は「幸せな将来像を実現できる場所が延岡にあるということを、子どもたちに感じてもらいたい。多種多様な仕事、生き方があることを伝えたい」と話した。商工会議所がキャリア教育に取り組むのは、県内では日向に続き2カ所目。