【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
青木2000安打−コメント
本紙掲載日:2017-06-12
1面

◆「市民栄誉特別賞を贈りたい」十屋幸平日向市長

 青木宣親選手の日米通算2000本安打達成、誠におめでとうございます。米大リーグという最高の舞台の中で、並々ならぬ努力を日々続け、いつも活躍している青木選手は、日向市民の誇りであり市民を代表して心よりお祝い申し上げます。

 今年、大リーグ5球団目となる「ヒューストンアストロズ」でも、広角にヒットを生み出す卓越した打撃技術や精神的支柱としてチームをけん引する姿は、首位を独走する好調なチームにあっても信頼されている証だと思います。

 市では、青木選手の「日米通算2000本安打達成」の功績をたたえ、「日向市民栄誉特別賞」を新設し、表彰したいと考えております。

 2000本安打は、まだまだ通過点の一つだと思いますが、チームの大リーグ制覇の夢に向かい、ますますご活躍されることを、日向市民と一緒に心から応援してまいりますので、けがには十分気を付けて頑張ってほしいと思います。


◆「金字塔達成は大きな誇り」河野知事

 日米通算安打達成を心からお祝い申し上げます。大記録が県民に大きな喜びと元気を与えていただいたことに対し、心から感謝申し上げます。金字塔到達は、「スポーツランドみやざき」を掲げる本県にとって大きな誇りであります。今後も県民、また、スポーツを愛する人々にとって夢と希望を与える存在であり続けてほしいと願っております。リーグ優勝さらにはワールドシリーズの制覇を目指し、さらなるご健闘をお祈り申し上げます。


◆「オフにお祝いを」日盍霆─青木宣親選手後援会長

 達成の瞬間は見られませんでしたが、試合後に本人に電話で連絡をして、留守電におめでとうとメッセージを残しました。試合は毎日のようにありますが、出られるかは監督やチーム事情によるのでしょう。本人の調子は上がってきているようですし、本当に良かったです。チームも好調ですからワールドシリーズに向けても楽しみですね。青木君は大学の後輩で、高校3年の秋に早稲田大に行くと報告に来てくれたことを思い出します。当時を振り返ると、まさかここまでの選手になるとはと驚くばかりです。オフに帰ってきたら後援会だけでなく、市、県を挙げてお祝いできればと思っています。

◆皆さんの声援パワー届いた

 青木選手の父、人志さんは大記録達成の喜びの声を次のように語った。

 1999本目がいい当たりだったので、きょう達成できそうだなという感じはありました。昨年の暮れごろから皆さんにもうすぐ2000本だと言っていただけるようになり、私たちも意識するようになりました。あと2本というところから少し長く感じましたね。本人と試合後に話しておめでとうと言うと、ありがとうと返ってきましたよ。やり取りはそれだけですが、節目にほっとしていると思います。たくさんの方々に応援していただき、皆さんの声援のパワーが届いたんでしょう。現地で見届けることはできませんでしたが、チームの調子がいいのでワールドシリーズは見に行って、活躍してほしいと思います。