【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
労災多発対策徹底を
本紙掲載日:2017-06-16
1面

宮崎労働基準協会延岡支部の労働安全衛生大会

宮労働基準協会延岡支部が安全推進大会

 宮崎労働基準協会延岡支部(支部長・竹本常夫旭化成延岡支社長)による平成29年度労働安全衛生推進大会は14日、延岡総合文化センター小ホールであり、加盟事業所の安全管理者など約300人が参加してゼロ災害への決意を新たにした。後援は延岡労働基準監督署。

 大会は全国安全週間(7月1〜7日)の準備期間に定められている毎年6月に開催。今年の安全週間は「組織で進める安全管理みんなで取り組む安全活動未来へつなげよう安全文化」をスローガンに掲げている。

 県内では昨年、労働災害により15人(前年比1人増)が死亡。休業4日以上の死傷者も1332人(47人増)に上り、いずれも増加した。

 こうした状況に対し、同協会の難波孝好安全衛生部会長は、「職場に帰ったら安全管理が徹底できているか改めて問いかけ、あすに向けよりよい職場づくりに取り組んでほしい」と訴えた。

 延岡労基署の花田愛一郎署長は、今年に入ってすでに労災死者が10人(調査中含む)に上り、そのうちの4人が延岡管内であることを報告。経営トップ・安全管理者にに対し、.螢好の洗い出し熱中症防止Fき方改革(労働環境の改善)―に率先して取り組んでもらうよう呼び掛けた。

 続いて、同労基署の田子山利博安全衛生課長が管内の現状や労災事例を報告。昨年に管内で発生した労災を勤務年数別で見ると、5年未満が45%で、そのうち半数近くが1年未満だったとして、教育だけでなく現場の安全管理にも力を入れるよう求めた。

 この後、宮崎労働局の元木賀子局長が「働き方改革のすすめ」をテーマに講演。事例発表もあり、カヤク・ジャパン東海工場の黒木義誉さんと黒田工業ひゅうがリサイクルセンターの傳蕾(ふらい)さんが、それぞれの事業所の取り組みを紹介した。

 県内では今年1月から2月11日までに労災死者が7人(林業・交通輸送業各2人、建設業・小売業・清掃業各1人)に上り、宮崎労働局は3月22日に「死亡労働災害多発警報」を発令。だが速報値によると、その後も死者数は3人増加し、労働局は警報の発令期間を延長することにしているという。

 発令に際し宮崎労働局は、〃弍張肇奪廚砲茲覦汰瓦悗僚蠖表明発生した労災の分析と再発防止策の徹底O災防止教育て常的な安全活動の充実・活性化ジ鯆模働災害防止のための安全教育新規採用・未熟練労働者に対する安全教育О汰敢邏肇泪縫絅▲襪僚膽蘊況の確認―に取り組むよう要請している。