【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
「市民の施設」へ認識高める−駅前複合施設
本紙掲載日:2017-06-21
2面

キッチンコーナーのイメージ画
担当者からIHクッキングヒーターの使用方法を学ぶ参加者。テーブルに張られたテープの奥側が実際のスペースの広さ

キッチンコーナー・運営方法など意見交換−延岡

 来年3月に完成予定の延岡市駅前複合施設は市民のコミュニティースペースとしての機能を有しており、さまざまな活動が展開できる。その一つとして設けられる計画のキッチンコーナーについて20日、市民の意見を聞く会が同市東本小路の九州電力延岡営業所内であった。

 延岡設計連合協同組合(松下宏理事長)とNPO法人のべおか市民力市場(井上孝徳理事長)が「市民の施設だという認識を持つ機会にしたい」と主催した。

 同協同組合によると、キッチンコーナーは〃ブック&カフェ〃と並んで1階に設けられる対面式のキッチンカウンター(横4・15メートル、縦1・4メートル、高さ90センチ)。IHこんろや流し台、オーブンレンジを備え、最適な活動人数は約10人という。

 ワークショップは、キッチンコーナーとほぼ同じ規模が体験できる同延岡営業者内のクッキングルームであり、市食生活改善推進委員ら約10人が参加した。

 同延岡営業所の担当者からIHクッキングヒーターの使い方などを学んだ後、別室に移動して行政関係者や主催者と運営方法などについて活発に意見交換した。

 主催者は、完成イメージ画を示しながら概要を説明。それを見た子育て中の女性は「〃ママ友〃と活動するにしても、そこには必ず子どもがいる」とした上で、キッズスペースがキッチンコーナーから遠い位置にあること、施設内に空間の仕切りがないために子どもの見守りが大変であること、椅子の高さや形状が子どもに不向きと指摘。「子育て世代には利用がしにくい」と改善を求めた。

 そのほか、常備する調理器具や食器の種類、空間に仕切りがないために起こりうる臭いの問題、収納スペースの少なさなどさまざまな意見が出された。

 市商業・駅まち振興課の日高孝則課長は「貴重な意見をもらった。複合施設については今後も意見交換会が行われていく。積極的に参加してもらえれば」と話した。

 22日午後7時からは、市民協働まちづくりセンターで複合施設全体の利用のルールづくりを話し合うという。