【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
事業展開大いに期待−知事
本紙掲載日:2017-06-21
3面

今春始動、ひのかげアグリファーム

 河野知事は20日の県議会定例会一般質問で、4月に本格始動した日之影町出資の農業法人「ひのかげアグリファーム」(社長・佐藤貢町長)について、「町が自ら農業経営に踏み出すという今までにない大きな挑戦。今後の事業展開に大変期待している」と述べ、積極的に後押ししていく考えを示した。盒尭議員(県民連合宮崎、日南市区)に答えた。

 同ファームは資本金5010万円のうち、町が5000万円(99・8%)を出資。農作業の受委託や農地の維持管理などを通し、高齢化や担い手不足による労働力の低下、耕作放棄地の増加などに悩む地域農業の維持・活性化を図る。将来的には地元農産物活用の加工品の開発・販売も手掛ける予定。

 環境農林水産常任委員会のメンバーとして同ファームを視察したという盒教聴は「世界農業遺産を守るためには、こうした取り組みが必要と考えるが、どう評価するか」と尋ねた。

 河野知事は「貴重な資源保護には担い手確保や地域で支え合う仕組みづくりが大きな課題となる中、ひのかげアグリファームが設立された。『地域農業を守っていくにはこの方式しかない、今動くしかない』との町長の熱い思いを感じ、今後の事業展開に大変期待している。世界農業遺産の展開も含めて挑戦を後押ししていきたい」と述べた。