【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
「折れない心」学ぶ−黒岩小中中学部
本紙掲載日:2017-06-22
8面

テレビモニターに映し出された真北さんが披露した歌に拍手を送る生徒

キャリア教育よのなか教室−延岡

◆TV会議利用し講師らと対談

 将来に向けて必要な資質・能力を育むキャリア教育「よのなか教室」が20日、延岡市の黒岩小中学校(三輪勝校長、47人)であり、中学部の生徒17人が県の「教育ネットひむかテレビ会議システム」を利用して講師らと対談した。

 テレビ会議システムを利用した同教室は県内で初めて。同校と小林市の東方中学校(57人)、宮崎市の県教育研修センターを結び、各会場の様子をテレビモニターで映し出した。

 教室のテーマは「折れない心」。シンガー・ソングライターの真北聖子さんが「よのなか先生」を務めた。

 16歳の時に病気の後遺症で体が不自由になり、高校生活のほとんどを大分県別府市の重度障害者センターで過ごしたという真北さんは、「友だちに取り残されている気がして孤独を感じた」と当時を回想。離れた場所で画面越しに見詰める生徒に向け「障害者ができないことを見るのではなく、できることや楽しいこともたくさんあると知ってほしい」と呼び掛けた。

 真北さんがオリジナル曲「ひかり」を披露すると、生徒からは「歌声がきれいで心に残った」「歌詞を聴いて命の大切さに共感した」などと感想。

 また、黒岩小中学校の生徒は「春には桜が咲き、秋には紅葉も楽しめる。地域の人も仲のいい学校です」と同校の良さをアピールした。

 戸皸莉さん(3年)は「普段できている生活が大事だと気付いた。真北さんがひたむきに頑張っている姿はかっこいいと思った」と話した。