【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
豊作祈る−32家族が田植え体験
本紙掲載日:2017-06-26
2面

JA延岡の第3回あぐりスクールで行われた田植え体験

JA延岡あぐりスクール

 食と農業について親子で楽しく学ぶJA延岡(山本照弘組合長)の平成29年度第3回あぐりスクールは24日、延岡市大貫町の田んぼで行われ、32家族85人が手植えを体験した。

 田んは野田の農業、高橋宙暉さんが同スクールのために毎年提供している10アール。15ほどに育ったヒノヒカリの苗を植え付けた。

 開会式ではスクールの校長でもある山本組合長があいさつ。参加者を代表して野地町の木野綾さんが田にお神酒を注ぎ、みんなで手を合わせて豊作を祈った。

 木野さんは長女と二女と3人で2年目の参加。「去年もおいしいお米をいただきました。今年も豊作を期待しています」と笑顔で話した。

 JA営農指導員の榎本倫也さんが「苗は深く植え込むと発育が悪くなります。浅く植えて、周りの土をしっかり固めてください」とアドバイス。参加者は小分けにされた苗を手に一斉に田んぼに入り、一列に並んで田植え綱の玉を目印に植え付けた。

 この日植え付けた苗は10月ごろに刈り取りする予定、収量は約450キロを見込んでいるという。