【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
最新の住宅事情、楽しみながら学ぶ
本紙掲載日:2017-06-27
2面

防災講話などさまざまなコーナーがあった「住まいの交流会」

住まいの交流会−延岡

 最新の住宅事情を楽しみながら学ぶ「住まいの交流会」が26日、延岡市旭町のLIXIL(リクシル)延岡営業所であり、自宅の新築などを考えている家族らが参加した。

 市内の黒田工務店、敏春ホーム、謀捗斬陝東九州トーヨー住器が合同で企画。さまざまな体験コーナーを通じ、防災の知識や最新の設備、公的制度などを紹介した。

 このうち防災講話のコーナーでは、担当者が地震で津波が発生する恐れがある際は「自分から先頭に立って逃げて」と説明。

 震災後には水道水が出なくなるため、普段から風呂に水を張ったり、井戸やプール、沢など、水が手に入る場所を知っておくようアドバイスした。

 また、給水車が巡回してきた際には水を入れる容器が必要だとして、ない場合にはダンボールとポリ袋で簡易のバケツが作れることを紹介した。

 このほか、新聞紙を使ったスリッパや、応急担架の作り方、水消火器などを体験する「防災ワークショップ」、防災グッズをプレゼントするじゃんけん大会、最新のIHクッキングヒーターやガスこんろを使った調理体験などもあり、親子で楽しんだ。