【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
恋する灯台のまち−日向市を認定
本紙掲載日:2017-06-28
2面

波房会長(右)から認定証を受けた十屋市長

日本ロマンチスト協会と日本財団

 日向市細島の日向岬にある細島灯台が、日本ロマンチスト協会(本部・長崎県島原市)と日本財団(同・東京都)が共同で進める今年度のプロジェクトで、県内で初めて「恋する灯台」に選ばれ、灯台のある同市も「恋する灯台のまち」に認定された。同協会の波房克典会長(43)が27日に市役所を訪れ、十屋幸平市長に認定証を手渡した。

 埋もれていた各地の灯台の文化や歴史的価値を見直し、「恋する灯台」に認定することでロマンスの聖地として再価値化する「恋する灯台プロジェクト」の一環。

 灯台を全国各地の強力な観光資源とすることで灯台への集客力アップを図り、最終的には海へ関心を持つ人を増やすことが狙い。

 同協会が選抜した選考委員会が、全国3千以上の灯台の中から非日常感や景観、歴史、造形美など六つの審査基準の下で、昨年の21の灯台に引き続き、今年新たに10の灯台を認定、細島灯台がその一つに選ばれた。

 波房会長は細島灯台について、「壮大な海が広がり、『この世界には君と僕しかいない』という、この世の最果て感が味わえる絶好のロケーション。遊歩道もきれいで、2人で手をつないで歩きたくなる道のりもすてきです」と指摘し、「クルスの海の言い伝えもロマンチックで、まさに恋する灯台にふさわしいロケーション。灯台そのものも美しいが、周辺を含めてロマンチックな体験ができ、スケール感が非常にいい」と評した。

 認定証を受け取った十屋市長は、「周辺には観光地も多いが、今回の認定は話題性もあって大変ありがたい。認定を受けた自治体とネットワークでつながることで、全国へ新たに情報発信をしていきたい」と話した。

 同協会は7月10日、市民を対象にしたワークショップを市内で開催し、「2人の仲が深まる10のコト」と題した、同市ならではの観光用パンフレットを8月をめどに作製し、細島灯台を観光資源として生かす機運を醸成したい考え。

 11月1日の「灯台の日」には、東京都内で「恋する灯台サミット」を開き、認定自治体の広域連携も図っていくという。