【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
本社で職場体験・感想文
本紙掲載日:2017-06-29
7面

岩切大葵くん
原田創太くん

 門川中学校3年生の岩切大葵(だいき)君と原田創太君は21、22日、夕刊デイリー新聞社日向支社で職場体験を行いました。記者として取材先でインタビューしたり、記事の出稿作業を体験した2人の感想文を紹介します。


◆門川中学校3年・岩切大葵

 この2日間の職場体験で思ったことが五つあります。

 一つ目は移動が多いことです。僕が予想していたのはずっと机に向かって記事を書き続けているのかと思っていました。だけど移動がとても多く、1日に取材が何本も入っててびっくりしました。

 予定している取材だけではなく、突然どこかで事故があったらすぐ行かないといけないので大変だなと思いました。日向支社には記者が3人しかいないのにテキパキやっていて感心しました。

 二つ目は実際に自分たちが取材に同行したところや、担当の記者が事故現場に駆け付けたと話していた情報が、テレビの昼間のニュースで流れていたところです。全国ネットのニュースでも流れている情報を自分たちが既に知っているというのはとても不思議な感覚でした。

 三つ目は電話がとても多いことです。私には1週間に電話が1回かかってくるか、かかってこないかぐらいなので、1日に何回もかかってくるのにはびっくりしました。社内でも電話が多いのに、移動中の車の中まで携帯電話がかかってくるので本当に大変なんだなと思いました。

 四つ目は顔が広いことです。普段からいろいろな所へ取材で行くので知り合いが多いんだなと思いました。知り合いが多いことは、友達も増えるのでとても良いことだと思います。

 五つ目は言葉遣いです。取材する相手に、きちんとした敬語で話さないといけないのでとても焦りました。でも記者の方はきちんとした敬語で話していたので僕も話せるようになりたいです。

 この2日間で学んだことをこれからの生活に生かしていきたいと思います。


◆門川中学校3年・原田創太

 この2日間の職場体験を通して思ったことが四つあります。

 一つ目は、移動が多くて大変だということです。1日目は3件、2日目は1件の取材があり、そのたびにインタビューをしたりメモを取ったりと忙しいなと思いました。

 二つ目は、コミュニケーション能力が必要だということです。インタビューの事前許可を取ることや、取材相手に質問をするときなど、実際にやってみてとても緊張しました。目を見て話すことや、笑顔で相手にいい印象を与えることが大事なんだなと思いました。

 三つ目は、油断をしたらいけないということです。2日目の早朝に日向市内で事故があって、その取材にも担当記者が行かないといけないということを聞きました。その場その時に起きたことも取材しないといけないし、油断していると大事なニュースを逃したりするということもあると思うから、すぐ対応できるようにしないといけないんだなと思いました。

 四つ目は、新聞はたくさんの人によって作られているということです。取材する人や、記事を書く人、字の間違いを探す人や印刷する人、出来上がった新聞を家に配達する人などたくさんの人が関わっていることが分かりました。

 この職場体験学習で仕事をすることの大事さを学び、大切なことや気を付けることなども分かりました。大変だけどやりがいのある仕事だと思いました。この貴重な経験を生かして進路を決めたりしていけたらいいなと思いました。