【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
7月は河川愛護月間−国交省と県、延岡市
本紙掲載日:2017-06-29
8面

河川愛護月間を啓発するポスター

せせらぎにぼくも魚もすきとおる……

◆キャンペーンや清掃活動−水難事故防止啓発も

 せせらぎにぼくも魚もすきとおる――を推進標語に7月1日から、河川愛護月間が始まる。七夕伝説にちなんで定められた「川の日」の7日を中心に月間中、県内各地で国土交通省や県土整備部、市町村が主催する街頭キャンペーンや清掃活動、水生生物調査などさまざまな啓発行事が行われる。

 国交省では、昭和49年から毎年7月を「河川愛護月間」、平成8年から7日を「川の日」、さらに1日〜7日を「河川水難事故防止週間」と定め、出前講座を開催するなど河川愛護思想を広く国民に周知する運動を展開。流域住民や市民団体、関係行政機関と共に良好な河川環境保全・再生を積極的に推進、河川を常に安全で適切に利用・管理する機運を高めている。

 同省延岡河川国道事務所管内では、月間中の7日午前10時50分から11時40分まで、県延岡土木事務所、延岡市と合同で同市旭町のイオン延岡店で街頭キャンペーンを行う。河川管理に携わる五ケ瀬川水系水質汚濁防止連絡協議会会員の国、県、市などの職員が参加。正面、北、西入り口に分かれ「川はみんなのもの。汚さないで」「不法投棄はやめましょう」「急な増水に気をつけて」などと書かれたチラシやパンフレットを配り、良好な河川環境の保全再生、河川愛護、水質汚濁防止、水難事故防止を呼び掛ける。

 また、河川安全利用点検を13日午前9時から午後4時30分まで、五ケ瀬川の岩熊井堰(ぜき)など同水系8カ所で行う。国交省や市の職員らが実際に川を歩き、危険な箇所をチェックする。

 また、7月から9月にかけ、NPO法人五ケ瀬川流域ネットワークが開催する「リバースクール」と共同で水生生物調査を行い、子供たちに川での安全な遊び方を学んでもらう。