【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
本社で職場体験感想文
本紙掲載日:2017-07-10
6面

永田琉翔君
小川秦弥君

 延岡市東海中学校2年の永田琉翔君と小川秦弥君が4日から6日まで、夕刊デイリー新聞社で職場体験を行いました。「第14回平和祈念資料展」を取材して記事を書いたり、第67回延岡市美展や延岡市役所などの見学もしました。永田君と小川君の感想文を紹介します。


◆延岡市東海中学校2年・永田琉翔

 僕は、3日間の職場体験で仕事の厳しさと普段、授業で学べないことを学びました。夕刊デイリー新聞社では、新聞がどのように作られていくのかを知り、いろいろな方とお話をする経験をしました。

 1日目は、延岡市立図書館の館長、丸山奈緒美さんが「戦争を二度としないためにも平和祈念資料展を開催している」とおっしゃっていました。僕も展示を見て、平和の大切さと戦争を起こさせないためにも後世の人たちに伝えていくことが大事だと思いました。

 その後、記事にするために原稿を書きました。原稿用紙全部で19枚書いて、やり直しを2回しました。原稿を完成させることは、生半可なものじゃないと思いました。

 2日目は、昨日書いた原稿をパソコンで打ちました。全部打ち終えるのに2時間かかりました。その後に編集をし、やっと終わりました。終わったのが印刷ギリギリだったので間に合ってよかったと思いました。

 新聞の印刷工場も見学しました。10台ぐらい大きな機械がありました。大きかったのでびっくりしました。

 3日目は、延岡総合文化センターで行われている延岡市美術展覧会に行きました。224点という多くの美術品を無料で見られるのと、一つ一つの絵が大きいところに少し興奮しました。

 その後、延岡市役所で経営政策課広報広聴係長の式地香織さんに市役所の仕事や新庁舎の説明を聞いて、市役所の仕事は生活に身近なもので、いろんな種類があると思いました。

 職場体験前までの新聞のイメージは、紙面にそのまま原稿を書いていると思っていたけれど、実際は最初にパソコンで原稿を書いて、よりよくするために何回も見直ししていたことにびっくりしました。

 3日間、このようにいろいろなことを教えてもらいました。普段お話をすることのできない方や入れない場所に入ってお話ができてとても良い経験でした。


◆延岡市東海中学校2年・小川秦弥

 原稿は、自分が取材した情報を自分なりにまとめないといけません。そのまとめる作業をどんなふうにすればいいのか、どんなことを書けばいいのか、というのを考えるのが難しくて、原稿を書いた時はこのままじゃ終わらないんじゃないのかと思いました。

 原稿をパソコンに入力する時は、文字を間違えないようにずっと画面を見ていたので目が疲れたなと思いました。でもパソコンに入力し終わったときは、やっと原稿ができたという達成感があり、もう1回やりたいという気持ちがありました。

 新聞を印刷するところでは、印刷の速さにびっくりして、印刷方法の説明を聞いてからもう一回見ると驚くことがもっとたくさんありました。

 一つの新聞をつくるのに多くの人がいることや、新聞記者や編集をする人は、たくさんの時間をかけて新聞をつくっていたところに驚きました。

 僕がこの3日間の職場体験学習をして大事だと思ったことは、仕事をするときの態度です。原稿を書くときは集中しなかったら書くのが遅くなるし、取材に行って人の話を聞いたりするときは僕の態度が悪いと相手が嫌な気持ちになるのではないかと思いました。

 原稿を書くときはだらだらしないようにして、話を聞くときは相手が嫌な気持ちにならないようにあいさつと返事を気をつけました。

 今後の学校生活でも、集中して授業を受け、日頃からしっかりとあいさつするようにしたいです。