【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
対策ばっちり実る−延岡星雲
本紙掲載日:2017-07-10
9面

【1回戦・延岡星雲―日向工】延岡星雲は初回、矢野凜が中前に先制適時打を放つ

第99回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆5年連続の初戦突破

 延岡星雲が完勝で5年連続の初戦突破。相手投手への対策がばっちりと実って、選手たちは「ほっとした」。まず、歴史をつないだことに胸をなで下ろした。

 大会前に雨で全体練習が存分にできなかった分、左投手の対策に専心。右打者9人が並んだ打線が「内角も右方向へ」。意識通りの右打ちと結果的な左への強打で15安打、6長打と打ちまくった。

 初回から昨夏を知る森が〃リードオフマン〃の仕事。「(相手に)はまったら打てないと思っていたので、自分が(チームを)引っ張ることだと思っていた」。左中間を大きく破る三塁打を放つ。

 2番の矢野凜は「投手がリズムをつくり、1番が出てくれて、3、4番が後ろにいたので、楽な気持ちだった」。変化球に対応し、中前へ。7球で1点を奪った。

 以降も森が3安打に、「1打席ずつ集中した」という矢野凜が4安打。最後は田中の左前打で矢野凜が生還し、先輩たちにもなかった五回コールドを完成させた。

 森純雄監督は「上村が丁寧に投げ、打者も練習で角度を体感できていたので、腰を開かずに右打ちをしてくれた。次は格上になるが、きょうのようにこつこつと打っていきたい」。森は「次もまずは守りから」。矢野凜は「つなぐ野球ができて良かったが、これで満足せず、次もきょうのようなプレーをしたい」。後は、上を見るだけだ。


◇シンプルにうれしい−延岡星雲主将・田中(2安打)
「シンプルにうれしい。守備からの流れで攻撃につながり、チームの雰囲気も上がっていった。次もきょうのように相手にプレッシャーをかけていきたい」

◇後ろ見て緊張解けた−上村(五回を2安打完封)
「試合前は緊張したが、マウンドに上がり、後ろを見たら『みんなが守ってくれる。いける』と解けた。速球がいつも以上に伸びて良かった。次も最初から冷静に投げていきたい」

◇打点で投手を楽に−柳田大(初回の適時打を含む2安打)
「ここで打てば楽になると思い、打点を心掛け、好機で打てて良かった。次も点を取って、投手を助けたい」

◇とにかく長く勝つ−久田一真(二回に2点二塁打)
「まず一つ勝てて良かった。(二塁打は)ここで打てば投手が楽になるからつなごうという意識で、うまく打てて良かった。とにかく長く勝てるよう頑張りたい」