【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
落語で得た仲間という〃宝物〃
本紙掲載日:2017-07-31
6面

たら福亭美豚君こと加藤健太郎君と母親の貴美さん

加藤健太郎君(新潟盲学校高等部3年)

◆日向こども落語全国大会に6年連続参加

 「仲間という宝物をもらいました」と笑顔を見せるのは、7月29、30日に日向市文化交流センターであった「第9回こども落語全国大会」に、新潟県燕市から参加した「たら福亭美豚(ぃとん)」こと加藤健太郎君(17)=新潟県立新潟盲学校高等部3年=と、母親の貴美さん(47)。

 美豚君は小学2年生の時に落語を始めた。ただ、周囲に落語を楽しむ仲間は誰もいなかった。ある日、インターネットの動画共有サイトで同大会を知った。「こういう人たちと戦ってみたい。同じ趣味を持っている仲間に会ってみたい」。すぐに母親に「連れて行って」と頼んだ。

 貴美さんは戸惑った。美豚君は全盲。「見えないこの子の手を引いて、そんな遠いところまで…」。背中を押してくれたのは、同大会に出場していた同じく目に障害のある門司港亭小もじ君の姿だった。

 「つえをついて高座に上がる小もじ君の姿を見て勇気をもらったのです」

 美豚君は中学1年生になっていた。貴美さんは「この子と2人、世界旅行に出掛けるつもりで」その一歩を踏み出した。

 1年目は「みんなすっげ〜」「場違いなとこにきちゃったな」とショックを受けた。「ただ、そのとき一人だけ、話が合う友達ができたんです」。それが今大会、中学生・高校生の部で最優秀賞を受賞したぷりん亭芽りんさんだった。2人は同じ学年。共に今大会が最後の出場だった。

 芽りんさんの快挙に「やっぱり芽りんにはかなわないな」と美豚君。「芽りんの高座はパァーと周りを明るくする。あの雰囲気が私は大好きです」と自分のことのように喜んでいた。

 回を重ねるごとに美豚君の仲間は増えた。同大会に通い続けた6年間を振り返り、貴美さんは「息子は、この大会のおかげで全国の落語仲間と出会うことができました。障害のあるなしに関係なく自然に受け入れてくれた実行委員会の皆さんにも感謝しています。だから私は、もう終わりなのかと思うと寂しくて寂しくて…」と涙ぐんだ。

 一方の美豚君は「私は寂しくありません」とさっぱりした表情。「だって、次は学生落語の日本一を決める『策伝大賞』で、またみんなに会えるから。そのためには大学生にならないといけない。まずは大学受験を頑張らないと」と笑わせた。