【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
練習で聖地に−聖心ウルスラ
本紙掲載日:2017-08-04
3面

甲子園練習に飛び出していく聖心の選手たち
左から赤木さん、宮原さん、梶原さん、村田さん、石田さん

球場「思ったより近く狭い」

 第99回全国高校野球選手権に出場する聖心ウルスラ学園は8月4日午前、甲子園練習を行った。聖地のグラウンドに初めて足を踏み入れた選手たち。やや緊張気味だったが、請関史也選手がさく越えを放つなど本番へ向けたイメージを膨らませた。

 3日大阪入りした一行。4日は午前11時から30分間、甲子園球場で練習を行った。

 約5分間、守備のケースノックを行った後、20分ほどはシート打撃。主戦級の上村奎仁、林田蓮瑚、戸郷翔征の3投手が登板。打者陣が打席に入り、園田玲久選手らが鋭い打球を飛ばしていた。

 小田原斉監督は「最初は硬さがあり、声の連携がうまくいっていない感じだった。本番はもう少し、リラックスして臨めれば」。赤木優太主将は「思ったより観客席が近く、狭く感じた。本番で観客が入るとさらに緊張すると思う。どう落ち着けられるかが大事になる」と話していた。


◆雰囲気づくりケアは任せて−ウルスラ高の職員、保護者

 聖心の大阪滞在に帯同するのは、学校職員と保護者の計5人。「調整やスケジュールは監督、部長がしてくれるが、それ以外の環境、雰囲気づくり、ケアは任せて」と話している。

 学校職員が3人。生徒指導部長の梶原昌也教諭と、野球部総監督の石田敏英教諭、野球部の元コーチで選手バスを運転する村田憲一さん。保護者会は会長で宮原倭大選手の父、勇健さんと、甲子園実行委員で赤木優太主将の父、俊己さんの2人。

 それぞれ、道具の運搬や生徒の健康管理、近畿県人会や友情応援校との渉外など、選手が戦うための環境を整える。