【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
「脳を知り、脳をはぐくむ」
本紙掲載日:2017-08-05
7面

講演する川島教授

脳科学の第一人者・川島教授(東北大)が講演−延岡

 脳科学の第一人者である東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授による講演会が7月28日、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センターであった。子どもの健やかな成長に必要なことを学び、学校や家庭での取り組みを見詰め直してもらおうと、同市教育委員会が実施。市内の小中学校の教諭や保護者など約860人が参加した。

 「脳を知り、脳をはぐくむ」と題して講演した川島教授は、市が今年度から全小学校に導入した百マス計算や音読について、「思考や創造性を担う脳の領域である前頭前野を活性化し、判断・理解・情報処理能力の発達に有効」と評価。加えて「忍耐・注意・記憶力が向上する転移効果もある」と話した。

 親子のコミュニケーションの有無が学力に及ぼす効果についても紹介。家族そろって食事を取る習慣がある子どもは、「好奇心や関心など自身の内からなる内発的意欲が高くなり、成績が良くなる」と述べた。一方で、「お金や物など外からなる外発的意欲は、学力を下げる作用しかない」と指摘した。

 睡眠については、「身体の発育に重要な成長ホルモンは、ノンレム睡眠と言われる眠りが深い状態かつ、午後10時前後に最も分泌される」と話し、午後9時までに就寝することを推奨。十分な睡眠は「学習と記憶に強く関わる海馬の体積増加にも影響する」と説明した。

◆子どもの使用に警鐘

 スマートフォンと学力の関係については、利用する子どもの学力が顕著に下がる統計を示し、「これほど怖い結果を見たことがない」と話した。

 市PTA連絡協議会が、市内の小学5年から中学3年生を対象に行った調査によると、スマートフォンを所有・使用していない割合は、小中学生でわずか約10%。午後9時以降に使用するのは、小学生で約40%、中学生で約70%となっている。

 川島教授は、家族とのコミュニケーションや睡眠時間などを減らすスマートフォンの利用について、「使うのをやめなければ、国と子どもたちの将来がとんでもないことになる」と警鐘を鳴らした。