【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
防止対策に全力を−
本紙掲載日:2017-08-07
3面

県自殺対策推進協が再確認

 県自殺対策推進協議会(会長・石田康宮崎大医学部教授、26人)はこのほど、県庁で会合を開いた。平成28年の統計で本県の自殺者数、自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)ともここ20年で最低水準となったものの厳しい状況に変わりはないとして、引き続き防止対策に全力を挙げることを確認した。

 県福祉保健課によると、28年の本県自殺者は前年から50人減の205人(男性136人、女性69人)。自殺死亡率も18・8で全国ワースト3位から10位に改善されたが、九州内に限れば最も高く、全国平均値(16・8)比でも2・0ポイント高い状況となっている。

 年代別にみると、中高年層が減少した一方で、20歳代の増加が目立ち、働き盛り世代や高齢者に加え、勤務問題が自殺の主原因となっている若者層へのアプローチが課題となっている。

 会議では県から29年度の取り組み方針などが示されたのに続き、加盟機関・団体が取り組み状況などを報告。このうち、県医師会は「産後にうつを発症する女性が増えており、一部自治体で対策を始めたところ。県は全県展開ができるよう協力を」と求めた。

 連合宮崎は「労働相談ダイヤルで近年、長時間労働に関するものが増えている。自殺の原因で勤務問題の割合が高くなっている中、的確な対応を取るためにも、いま少し詳しい中身を示していただくとありがたい」と要望した。

 特定非営利活動法人・みんなのくらしターミナルは「男性には居場所としての活動の場が必要」と述べ、生きやすい地域づくり支援を行っていることを紹介した。

 同推進協は、知事が本部長の県自殺対策推進本部と連携しながら自殺対策に取り組む。