【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
県北から聖地へ−がんばれウルスラ
本紙掲載日:2017-08-09
9面

初戦へ向け意気込む赤木(左)と戸郷

第99回全国高校野球選手権大会(甲子園)

◆主将の捕手と2年生エース、赤木―戸郷最初で最後の大舞台へ

 元来はともに強気のバッテリーは1回戦へ向けて語る。主将の捕手は「速球、変化球ともにカウントも、三振も取れる配球が楽な投手。だけど、こいつのせいで負けたくない」。2年生エースは「自分を貫く一番いい捕手。まずは1勝のために赤木さんに任せます。次は自分を出すけど」。

 「近藤先生との出会いが大きかった」。赤木はしみじみと振り返る。

 〃ぶっちゃけ〃たのは、入学直後の戸郷の姿。球は抜群に速いがいわゆる「ノーコン」。本人談は「いいところ見せようと力んでいた」。練習でマウンドに上がると、打席に入る選手は安全のため捕手のフル装備を身に着けていたという。
同時期に、投手コーチに就いたのが、近藤洋次部長。「投げ方とか考え方とか。本当に全部」(赤木)。大器は「0」から作り直された。

 昨秋、2人のバッテリーが始まった。寺原隼人(日南学園―現ソフトバンク)らを育て、鍛治舎匠監督(秀岳館=熊本)から投手コーチとして誘われていたという部長からの薫陶を受けた右腕。本格化の兆しは見せ始めた。が、勝ち切れず、冬と春が過ぎる。

 8失点―。5月の大型連休。昨夏まで3年連続福岡代表の九国大付と練習試合で対戦した。打ち込まれた戸郷は「やっぱりすごいな」。舌を巻いていたが、赤木の言葉に目を開かされた。

 「お前が任せんからよ」

 打たれたのはことごとく、サインに首を振って自分本位で投じたボールだった。

 今でも赤木は言う。「お前、キャッチャーをなめんなって」。打席での打者の一挙手一投足を見逃さず、コース、球種を選択。ずっとマスクをかぶり、いいことも悪いこともマスクの裏で多くの経験を積んだ。今では1打席が終わると打者のほとんどが分かるようになった。

 「強気」は好投手の必要条件。だが、「信頼」は勝てるバッテリーの絶対条件。赤木はブルペンで戸郷を5球受ければもう、その日の調子が分かる。「勝手に予想されるけど、当たるんです」。春までは100球を投げれば10回以上はサインに首を振っていた戸郷。この夏は、3回ほどにまで減ってきた。

 右腕、一番の課題は「力むこと」と2人は口をそろえる。「悪いときほど、力んでもっと悪くなる。だから、そのときは何も言いません」と赤木。完全に手綱を握っている。

 2人で組んで臨む最初で最後の大舞台。信じて、ミットだけを見て投げる―。才能あふれる右腕が、勝利するためにすべきことはただ一つ。

 「最近は近藤先生の指示もあり、試合中の赤木さんのジェスチャーが大きくなり、分かりやすくなりました」

 試合後は2年生のもう一つの特徴、冗舌を楽しんでほしい。リード同様、如才ない先輩とは違い、テレビカメラはまだ苦手らしいが。