【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
第23回延岡市こども議会(上)
本紙掲載日:2017-08-30
8面

地方自治への理解を深め市議会の役割を学ぶとともに、若者視点の意見を市政に反映しようと市内18中学校の代表生徒が登壇して開かれた第23回延岡市こども議会

若者視点の意見を市政に反映−中学校18校の代表生徒が登壇

 第23回延岡市こども議会がこのほど、市議会議場で開かれた。中学生に地方自治への理解や市議会の役割を学んでもらうとともに、若者視点の意見を市政に反映しようと開いている企画。市内の中学校18校の代表生徒が登壇し、人口減少問題や地域活性化対策、防災対策、教育問題などの課題について質問した。主な質疑応答を3回に分けて紹介する。

◆人口減少問題−中学生にもできることは
【赤木駿介さん】(北川3)
人口減少は延岡市全体に関わる問題。高速道路開通の利便性を生かし、延岡の情報発信を行えば観光客が増え、移住者が増えると思うが、市の取り組みは。また、中学生にもできることはないか教えてほしい。

【首藤市長】
人口減少対策として、「延岡新時代創生総合戦略」を平成27年10月に策定し、「雇用創出」「移住・定住推進」「結婚・出産・子育て支援」「持続可能なまちづくり」のプロジェクトの下、各種施策に取り組んでいる。赤木さんには地域の魅力を知り、魅力をどう高めていくかを地域の皆さんと考えてほしい。それが将来の延岡市の発展につながる。


◆タクシー送迎−土日の送迎はできないか
【磯谷正美さん】(南浦3)
学校と家の道のりが遠く、両親が共働きのため、平日は教育委員会委託のタクシーに送迎してもらっているが、土日は送迎がないため、親の都合が合わなければ部活動に参加できない。土日の送迎はできないか。

【笠江教育長】
遠距離通学生のスクールバスやタクシー送迎などを助成しているが、学校で授業を受ける時に実施するため、原則として土日や長期休業日は該当しない。土日の送迎は、部活動の休養日との兼ね合いもあり実施は難しいが、遠隔地の生徒の部活動支援の観点から、長期休業の平日の一部については、南浦中でも今年度から送迎を実施している。


◆若者の市外流出−中学生へ雇用のPR必要
【内田ふらのさん】(聡明3)
若者の市外流出を減らすためには、延岡を知ること、郷土愛を育み愛着を持ってもらうことが大切。中学生を対象とした雇用のPRなどの対策も必要と考える。市の考えを教えてほしい。

【首藤市長】
進学や就職の影響で、延岡市の若い世代の市外への転出は転入を大きく上回っている状況。若者の市外流出を防ぐ取り組みは市の重要なテーマ。多くの若い世代の皆さんが、延岡を誇りに思い、延岡に住み続けてもらうための取り組みを積極的に進めるとともに、中学生の皆さんにはもっと延岡の良さを知り、延岡を誇りに思ってほしい。


◆救援物資−災害発生時の整備計画は
【畦原光之助さん】(島野浦3)
南海トラフ地震が発生した場合、津波による漂着ごみで船着き場やヘリの離着陸場が使えなくなり、救援物資が届かない恐れがある。災害発生に備え、延岡市の救援物資の配布やヘリポートの整備計画は。

【首藤市長】
大規模災害が起きれば国、県、市が連携し、あらゆる手段を使って支援物資を必要とする方々の元に輸送していくことになるが、被災者の元に支援物資が届くのに数日を要する場合も考えられるので、皆さんも物資の備蓄について家族と話し合い、大規模災害に備え、最低3日分の水や食料、生活必需品などを非常持ち出し品として備蓄してほしい。


◆人工林−里山づくりを推進して=
【小西亮輔さん】(三川内3)
三川内の景観をつくる山の49%は人工林だが、手入れされていないものも多い。森林の手入れを定期的に行えば、自然災害や鳥獣被害を防止できると考える。自然と共存した里山づくりを推進してほしい。

【首藤市長】
このたび延岡・日向地域が、国の林業成長産業化地域構想のモデル地域として、全国16カ所の一つに選定された。指定を受け、今後は「伐(き)って、使って、すぐ植える」をスローガンに再造林を進めるとともに、定期的な森林の手入れを行いながら、小西さんたちの世代、その子ども世代に引き継がれていく循環型林業を構築することとしている。


◆東九州バスク化構想−観光客誘客のアイデアは
【坂上真央さん】(尚学館3)
東九州バスク化構想で観光客を誘客するためには、構想が広く知られ、注目を集める必要がある。高千穂や日向との連携や、若者向けPR動画などが考えられるが、延岡市のアイデアを教えてほしい。

【首藤市長】
取り組みを進めていく上で重要なことは、より多くの人に知ってもらうことと考え、さまざまな取り組みを進めていきたい。高速道路の開通で、延岡には観光や食事を目的に大勢に来てもらえる環境になった。高千穂町や大分県佐伯市など周辺自治体との連携も今後ますます重要。延岡の存在を高める、さまざまな取り組みにチャレンジしていきたい。