【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
日向市美術協会会員・宇田津さんが初の個展
本紙掲載日:2017-09-05
8面

初の個展を開いている宇田津さん

金子メガネ北店で9月30日まで

 日向市美術協会会員の宇田津市さん(61)=理容師、同市永江町=は30日まで、日向市北町の金子メガネ北店(中野猛店長)で初の個展を開いている。午前9時〜午後7時30分。観覧無料。

 もともと小さい頃から「絵を描くのは好きだった」という宇田津さん。東京都内で理容師の修業に励んでいた20歳代の時、理容師仲間でつくる愛好会に誘われて、本格的に油絵を習い始めた。

 同市美術展覧会無鑑査の実力を持つ。今年1月に同店であった同協会会員の絵画展を見に行ったところ、同店から「ぜひ宇田津さんも」と声を掛けられたという。

 深みのある青色を基調に、同市細島の街並みなどを描いた風景画や、ツワブキなど身近な花を描いた静物画など油絵約30点を展示している。

 初の個展に「正直、恥ずかしい」と苦笑いしつつ「絵はその時々の気持ちを表現したもの。だから、毎年同じものを描いていても必ず違ってくる。絵に終わりはありません」と奥深さを語った。

 また宇田津さんは、同協会のスケッチ会やJR日向市駅での作品展、同市と門川町の有志で取り組んでいる「私の小さな美術館」(自宅などに作品を展示し、気軽に見てもらう活動)の〃言い出しっぺ〃でもある。

 「日向市の文化レベルを上げるため、もっと市民の皆さんに関心を持ってもらいたい。そのためには私たち絵描きも、待っているのではなく、自分たちから地域へ出向き、熱い思いを語り、伝えていくべき」。今回の個展には、そんな思いも込められている。