【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
災害廃棄物処理学ぶ
本紙掲載日:2017-09-08
3面

約90人が参加した県災害廃棄物処理研修会

業界団体や市町村の担当者

◆宮城県多賀城市を事例に

 県災害廃棄物処理研修会は9月7日、宮崎市であった。関係する業界団体や市町村の担当者など約90人が参加。東日本大震災で被災した宮城県多賀城市での廃棄物処理を事例に、仮置き場運営の注意点や人材育成などを学んだ。

 地震発生後から廃棄物処理を担当してきた同市福祉保健部介護福祉課の阿部守さんが講演。同市は発生翌日から仮置き場を開設し、すべての処分が完了したのは3年後の平成26年3月だった。その間、仮置き場から発生する悪臭への対応や被災自動車の撤去、民間から借りた仮置き場の復旧に取り組んだことを報告した。

 その上で、仮置き場の確保について「いろんな事態に備えるための工夫が必要だ」と指摘。委託する事業者とも定期的に打ち合わせすることでトラブルを防げるなどとアドバイスした。

 また、国立環境研究所の多島良研究員が、災害廃棄物処理に携わる人が身につけるべき能力や育成の方法などについて講演した。