【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
ワインの原料−町内産ブドをウPR
本紙掲載日:2017-09-11
2面

五ケ瀬産のブドウをPRする児童たち

五ケ瀬町内の小学生−イオン延岡店

 地元の五ケ瀬ワインにより親しんでもらおうと、五ケ瀬町内の小学生が10日、イオン延岡店で原料の町内産ブドウを売り込んだ。

 五ケ瀬ワイナリー(桑野内地区、宮野恵常務取締役支配人)で年間を通じて体験学習に取り組んでいる上組小学校4年の黒木優斗君、森下陽向(ひなた)君、佐土原悠臣君、甲斐凜大郎君、村中亮仁(あきと)君が来店。

 同店が19日まで開いている特別企画「五ケ瀬ワイナリー直営ぶどう園直送ぶどう特別販売」の売り場に立ち、買い物客に試食を勧めながらブドウの特徴などを説明した。

 糖度が高く生食用としても栽培され、今が旬のブラックオリンピアとナイアガラ、キャンベルアーリーを持参。

 「寒い地域でしか育たない、とても甘いブドウです」などの呼び掛けに来店者は次々と足を止め、笑顔で房売りや箱入りのブドウを買い求めていた。

 児童たちは五ケ瀬町内4小学校合同の「G授業」で、ブドウの芽摘み、房への袋掛け、収穫などを体験。今回は五ケ瀬ワインをPRするそろいのポロシャツ姿で参加し、「僕たちが住む五ケ瀬のブドウを多くの人に味わってほしい」と声をそろえた。

 五ケ瀬ワイナリーの新酒蔵出しとなるヌーボー解禁は10月21日。宮野支配人は「今年は梅雨明け後の日照が良く、害虫もなく、非常に良い出来です。100%五ケ瀬産のワイン造りにこだわっており、そのブドウをぜひ味わっていただいた上でワインを楽しんでもらえたら」と話した。