【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
過保護・過干渉−あなたは大丈夫?
本紙掲載日:2017-10-09
2面

子どもへの適切な接し方を学んだ旭小の家庭教育学級(提供写真)

長尾校長が講演−延岡市旭小学校

 延岡市旭小学校の家庭教育学級がこのほど同校で行われ、長尾岳彦校長が「過保護・過干渉が子どもをダメにする」をテーマに講演。保護者約25人が参加し、子どもへの適切な接し方を学んだ。

 長尾校長は「親が時間割・忘れ物のチェックをする」「子どもが帰宅後、学校で何があったのか詳細を聞く」など子どもへの接し方を問う〃過保護・干渉度チェック〃項目を示した。

 過保護は「全国的な傾向」とした上で、上空を旋回するヘリコプターのように子どもを常に見守る「ヘリコプターペアレント」、子どもの行く先々の障害物を先回りして取り除く「カーリングペアレント」という、子どもに構い過ぎる親を表現した言葉を紹介。

 「これらの行動は子どものためにという考えで行われるが、実は子どもの成長と自律を妨げてしまう。葛藤を抱えて悩んだり、自分で解決方法を考えさせたりすることを十分に体験させてもらえない」と指摘し「自信が持てない、自分で解決できない、失敗することを恐れる子どもに育ててしまうことになる」と結論付けた。

 過干渉に関しても「良い子を演じる、自分で決めることができない、評価を恐れる子どもになってしまう」と警告した。

 参加者はこの後、ロールプレーイングを実施。小学3年生のわが子が「お母さん、僕は何もしていないのに、たろう君が僕をたたいてくるんだよ…」と悲しそうに訴えてきたというシチュエーションで対応を考えた。

 長尾校長は「気持ちを共有し、プラス思考で受け止め、解決方法を一緒に考える」などとアドバイスした。

 家庭教育学級は、健全な家庭や子ども育成のため、保護者らが教育について自主的に学習する場として設けられている。同校は今回と同様のテーマの家庭教育学級を1学期にも開いている。