【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
防ごう働き盛りの自殺
本紙掲載日:2017-10-10
8面

身近な人の見守りなどを呼び掛ける延岡地域自殺対策協議会のメンバー(イオン延岡店)

対策協議会、見守り呼び掛け−延岡

 官民26団体でつくる延岡地域自殺対策協議会(会長・瀧口俊一延岡保健所所長)はこのほど、イオン延岡店で自殺予防週間(9月10〜16日)の街頭キャンペーンを実施し、うつ病の知識や相談窓口の普及啓発に努めた。

 同協議会を組織する地元の保健所や精神保健医療機関、祉協、地域婦人連絡協、消防、警察などから担当者約20人が参加。さまざまな悩みを抱える人に向けた相談窓口、自殺やうつ病の兆候をまとめたチラシやカードなどを来店者に配布した。

 県内の昨年の自殺者は205人で、前年から50人減。だが、人口10万人当たりの自殺率は18・8人で全国平均の16・8人を超えており、全国10番目の多さだった。

 市町村別の最新となる平成27年統計によると、延岡市内の自殺者は20人で、前年から4人増加。自殺率は15・9人で、全国平均の18・5人を下回った。

 一方、性別・年代別に見ると20人中13人が男性で、20〜60歳代がそのうちの10人を占めた。市内では毎年、同年代の男性の自殺が多いという特徴があるという。

 このため、同協議会は自殺予防週間に合わせて独自のキャンペーンを企画。昨年に続き「働く世代をターゲットにした自殺防止」を重点目標に掲げた。

 来店者には、こうした人の「うつ」の兆候として▽口数が少なくなった▽いつもイライラしている▽睡眠の異常を訴える▽食欲が落ちている▽原因不明の疲労感・頭痛・下痢・便秘などの身体症状がみられる▽仕事のミスが多くなった▽仕事の能率が落ちた▽遅刻や午前中の休みが増えた▽休み明けにつらそうにしている▽付き合いが悪くなった――などを紹介。

 そうした相手には▽悩みや困っていることなどをゆっくりと聴いてあげる▽無理をさせずゆっくり休養するよう勧める▽必要があれば本人の気持ちに配慮しながら精神科や心療内科など医療機関の受診を勧める――よう呼び掛け、話をそらしたり、否定、一方的な説得、安易な解決策を示すようなことはしないよう訴えた。

 同協議会は見守りや傾聴への理解を呼び掛けるとともに、当事者には産業医や地域産業保健推進センター、障害者職業センター、保健所、精神保健福祉センターなどへの相談を呼び掛けている。