【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
ふわふわコットン収穫
本紙掲載日:2017-10-14
1面

茶色のコットンを収穫する親子

コノハナロード市民応援隊−延岡

 延岡市野地町の五ケ瀬川堤防で10月14日、コットン収穫祭があった。同所を一年中花で彩りたいと取り組む「コノハナロード市民応援隊」(松田庄司代表)の事業の一つ。一般市民ら約40人が参加し、次々に根っこごと引き抜いた。

 東九州自動車道の延岡インター降り口付近にあり、延岡花物語では色鮮やかな菜の花や河津桜が来延者を楽しませている。綿花の栽培は昨年から。延岡発祥の旭化成の「ベンベルグ」が綿の種の産毛からできていることにちなんで始めた。

 2年目の今年は、1年目よりも約800本多い約1300本の苗を250メートルにわたって植えた。種類は白や茶、緑など西洋の4種類。6月に10センチ程度だった苗は1メートルを超す高さにまで成長。夏場に花をつけ、その後、たたくさんのコットンボールとなった。

 参加者は、同応援隊コットンプロジェクトリーダーの武田弘子さん(76)=同市南一ケ岡=の指示を受けた後、それぞれ活動。両手で力いっぱいに根っこから引き抜き、約30分で全てを収穫した。

 長女奈々ちゃん(4)と参加した三原研一さん(34)=宮崎市=は「植物のコットンを初めて見た。新鮮で貴重な体験ができた」と感想。奈々ちゃんも「取るのが楽しかった」と笑顔だった。

 武田さんは「一年のほとんどここに来て世話をした。そのかいがあって順調に成長してくれた。来年も今年と同じくらいの量を目指したい」と話していた。

 収穫したものは、参加者が1人3本ずつ持ち帰ったほか、来年の種用にと一部を保存。来春の「延岡花物語」での販売や小中学校への配布なども検討している。