【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
2017賞の人(10)−渡川いこいの郷加工グループ(美郷町南郷渡川)
本紙掲載日:2017-10-20
2面

平成29年度・第44回夕刊デイリー明るい社会賞

◆地域の光、渡川マンマ

 午前7時半、ピンク色のユニホーム姿の女性5人が、加工場で慌ただしく料理を始めた。5年目を迎える手作り弁当の宅配サービス。分担した作業は手際よく進む。配達は1人で暮らすお年寄り世帯が中心。見守りを兼ねた活動は高齢社会を支える地域の光だ。

 平均年齢70歳の婦人グループで、愛称はママと飯(まんま)をかけた「渡川マンマ」。

 美郷町は高齢化率が県内で最も高く、地域には1人で暮らすお年寄りも多い。4年前、1人寂しそうに食事を取るお年寄りを目にし、温かい弁当を届ける取り組みを思い付いた。

 配達は週2回、約50世帯に届ける。安価に設定しながらも、弁当には地元の食材を中心に、春は山菜、秋はクリなど旬の味覚を欠かさない。

 今では家の前で配達を待つお年寄りの姿も。届けた時はできるだけ会話し、孤独を感じないよう元気も一緒に届ける。

 娘と2人暮らしの本村地区の橋口ミチ子さん(89)は、週に1回利用。「娘は昼間は仕事でいないから、1人だと自分で作るのもよだきい。お弁当の日はいつも楽しみ。きょうは何かなって考えながら待っちょる」と笑う。

 弁当販売の利益はほとんどなく、取り組みはボランティアに近い。黒木和子代表(75)は「活動を知った方々が野菜を分けてくれたり、多くの助けがあった。高齢者を支えようと思って始めたのに、こっちが生きがいをもらったようで逆に支えられている。いつまでやれるか分からんけど頑張って続けたい」と語る。

(推薦者=尾畑英幸・美郷町町長、下田光・同町企画情報課課長、田原裕亮・同町南郷支所主幹)