【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
夕刊デイリー日向支社で職場体験感想文
本紙掲載日:2017-10-28
7面

蛯原璃子さん
河内瀬桜さん

 日向市大王谷学園中等部2年生の蛯原璃子さん(14)と河内瀬桜=せな=さん(14)は、24日から26日まで夕刊デイリー新聞社日向支社で職場体験を行い、記者の仕事を体験しました。同校が日向商工会議所や日向市キャリア教育支援センターと連携して取り組む社会体験学習「14歳のよのなか挑戦」の一環。

 第29回日向はまぐり碁石まつり(28、29日に日向市文化交流センター)について市役所の担当職員に話を聞いたほか、市内の各事業所で職場体験をした同級生や、その担当者にインタビューしました。蛯原さんと河内さんの感想文を紹介します。


◆日向市大王谷学園中等部2年・蛯原璃子

 私は、この3日間で多くのことを学びました。特に印象に残っていることは取材です。

 取材は、相手が話したことをメモに取るというイメージしかありませんでした。しかし、1日目に市役所へ取材に行った時に大変なことだと分かりました。

 取材というのは、話を聞いてメモを取るだけではなく、インタビューに答えてくれる人への言葉遣いや、その取材先の人たちへのあいさつなど、社会人として大切なことばかりでした。

 職場体験が始まる前、「一人前の社会人になるために、当たり前のことが当たり前にできるようになる」と目標を立てました。この目標は取材の時に、達成するヒントが見つかったと思います。

 職場体験先が夕刊デイリー新聞社日向支社と決まった時は、新聞社の詳しい仕事内容はあまり知りませんでした。でも実際に体験してみると、インタビューから記事を書くところまで、いろいろな経験ができてとても良かったです。

 あいさつや言葉遣いなどの礼儀も学ぶことができました。新聞社だからこそ学べることがたくさんあり、職場体験先が夕刊デイリー新聞社で良かったと思います。

 この3日間、自分の知らないことをたくさん学ぶことができました。特に印象に残った「礼儀」は、これから社会人になる上でとても大切なことなので、今回学んだことを生かし、当たり前のことが当たり前にできる人になりたいです。


◆日向市大王谷学園中等部2年・河内瀬桜

 私はこの3日間の「14歳のよのなか挑戦」で、新聞記者として自ら取材し記事を書くということを体験しました。

 初日は「日向はまぐり碁石まつり」の取材に日向市役所に行きました。そこで、相手の方が答えやすいようにうまく表現してインタビューすると良いことが分かりました。

 その後、碁石まつりのことを記事にまとめました。新聞記事の書き方は普通の文章と違い、読者に伝わりやすいように漢字と平仮名の使い分けや送り仮名の違い、言葉遣いなど気を付けないとミスしてしまうところが多くあったので大変でした。しかし、私の書いた記事が翌日の新聞に大きく載ったので、とてもうれしく、感動しました。

 2日目は、日向市消防本部、ケーキ店「SweetSoul」に取材に行きました。それぞれの事業所には大王谷中の生徒も職場体験をしており、その人たちに取材をしました。カメラでの撮影も行い、どのアングルで撮るのかなど工夫することがとても楽しかったです。

 最終日は、八興自動車整備、マルイチ大王谷店に取材に行きました。3日目は取材にも慣れてきて、スムーズに進めることができました。

 3日間の取材を通して、記者はいろいろな所に取材に行き、営業や販売、配達員の人たちとチームワークで新聞を作っているということを学びました。私が当初、想像していた以上に忙しく大変な仕事だったけれど、喜びも多くもらえる仕事だと実感しました。

 この社会体験で学んだ「あいさつ、取材方法、記事の書き方」を、これからの学校生活に生かしていきたいと思います。