【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
街中でハロウィーン
本紙掲載日:2017-10-31
6面

イオン延岡店ビレッジバンガード前でミッションをする子どもたち
仮装してボウリングを楽しむ参加者(サンボウル延岡店)
自前のコスチュームで会場を沸かせたパンコレ2017
入国しパンプキン共和国の紙幣に両替する子どもたち

県北でイベント−子どもたちワクワクドキドキ

 お化けなどに仮装した子どもたちが「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)」と言いながら家々を回ることで知られる欧米などの祭り「ハロウィーン」。この祭りに関連したイベントが10月29日、県北各地で行われた。


◆子ども探検隊出動、仮装ボウリング−延岡

 旭町のイオン延岡店には「ハロウィーン探検隊!太陽を取り戻せ!」と題して150人の子どもたちが参加。魔女や海賊、忍者などに扮(ふん)して「ハッピーハロウィーン」と訪れた人らに声を掛けながら店内を回った。

 子どもたちは、ドラキュラに奪われた太陽を取り戻すためのミッションを無事に終えて太陽を取り戻すことができ、お菓子を袋いっぱいにもらって喜んでいた。

 同町のサンボウル延岡店には、「ハロウィーン仮装ボウリング大会」に約20人が参加。ベストドレッサー賞やサンボウル賞、ちびっこ賞を狙って競い合った。また、5分間の間にストライクを出したら賞品を獲得できるコーナーもあり、参加者たちは真剣に挑んでいた。

 フェースペイントをして参加した柳田遥さん(西階中3年)は「仮装をしてするボウリングはいつもと違って楽しい」と話していた。

 各イベント会場でハロウィーンメークを体験するコーナーもあり、この日は市内各所で仮装して楽しむ人の姿が見られた。


◆パンプキン共和国、まちなかハロウィン−日向

 日向市の市民有志が企画する「まちなかハロウィン」は市障がい者センターあいとぴあを主会場に開かれ、市内外から集まった親子連れなどが思い思いの仮装で楽しんだ。

 今年14回目を迎える秋恒例イベント。例年、JR日向市駅前交流広場で行われているが、今年は台風の影響を考慮し規模を縮小した。午後には台風通過で晴れ間が広がったこともあり、たくさんの親子連れでにぎわった。

 来場者は、この日のために用意した魔女やアニメキャラクターなどさまざまな衣装で集合。会場は仮想の独立国「パンプキン共和国」となり、子どもたちは入国管理事務所で受け付けを済ませた後、イベントに協力する商店に出向いてお菓子をもらったりした。

 主会場のあいとぴあには、フェースペインティングや手裏剣を投げて得点を競う「忍者アカデミー」などのコーナーを用意。メーンの仮装コンテスト「パンコレ2017」は駅西口近くであり、出場者が自前のコスチュームを観客や審査員に披露し、会場を沸かせた。

 明神勝彦実行委員長は「台風の影響で延期も考えましたが、この日を楽しみにしてきた人たちから開催してほしいという声がたくさんありました。支持してくれる子どもたち、その保護者の方々に感謝したい」と話した。