【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
日向五十猛神社の秋季例大祭−11月2、3日
本紙掲載日:2017-10-31
7面

ひょっとこ踊りの総仕上げをする財絆深会
浦安の舞を練習する女子
2人一組で舞う子獅子の男子

財光寺地区を神輿が巡り踊りやパレード

 日向市財光寺の五十猛神社(壱岐和史宮司、三宅賢明氏子総代会会長)の秋季例大祭が11月2、3日、財光寺地区一帯で開かれる。厄年の男衆からなる財絆深会(内田淳会長)の「ひょっとこ踊り」、女子による「浦安の舞」、男子による「子獅子」が奉納される。街頭パレードは3日の午後1時すぎに財光寺南小学校前をスタートする。ひょっとこ踊りなどの総練習は21日に行われ、それぞれの班が練習の成果を披露。保護者や家族が見守る中、本番前の最終確認を行った。

◆ひょっとこ踊り−入り厄男衆54人の財絆深会

 入り厄の男衆54人でつくる財絆深会は前年の大祭から携わり、1年かけて準備を進めてきた。ひょっとこ面は粘土で制作、ほうきは山での竹切りから行った。
総練習は、台風の影響による雨の中、五十猛神社社務所前広場で実施。内田会長は「2日間を無事に踊りきることが目標。多くの人に来場して見ていただきたい」と話した。

◇舞手◇
【1班】若藤日出夫、中田仁、岩倉毅、筌瀬晋、大倉伸彦、黒木真一、黒木祐樹、後藤仁、佐藤宏嗣、田中清吾、田中博、寺原雄二、日高優一、日吉靖朗、平岡拓、牧瀬栄次、松葉和己、山本修司
【2班】小出博志、成松重寿、勇英寛、内田淳、木下寛紀、黒木晋吾、黒木健、椎葉俊緒、長友道人、那須亮治、成松信寿、西洋一郎、花倉博幸、兵頭卓馬、藤井英樹
【3班】甲斐隆三、佐藤大佑、赤木利治、赤松繁、内村聖一、河野圭祐、閑定修一、菊田吉徳、黒木宏二、古谷一行、近藤将臣、谷口雄樹、筒井広志、恒松和仁、長野耕太、治田誠、日皸貭、松葉幸治、松村国俊、三上顕、矢野太。


◆浦安の舞−女子8人が泰平を願い奉納

 小学4年から中学3年生までの女子8人が天下泰平を願い舞を奉納する。総練習では、約1カ月間練習に励んできた成果を披露。この日初めて袖を通したという装束をまとい厳かに舞った。

 日向中3年の黒木楓恋さんは4年連続の参加。「細かな所まで気をつけないといけない。みんな徐々にうまくなってきています。当日もゆっくりと丁寧に舞いたい」と話した。

◇舞手◇
黒木楓恋(日向中3)菅原悠希(財光寺中1)黒木基心(財光寺南小6)西絢音(同5)菅原叶望(財光寺小5)田中涼七(同)黒木康心(財光寺南小4)米澤梨代(富高小4)。


◆子獅子−男子9人の息の合った踊り

 家内安全、無病息災を願い、小学1年から中学1年生までの男子9人が奉納する。

 1カ月前から練習を始め、全員が初めてそろったのは今月中旬。総練習では講師や保護者から指示を受けながら踊りきった。

 財光寺中1年の畝原怜暉君は「最初はリズムが合わずまとまらなかったけど、何とか形になりました。全員で息を合わせて踊り、見る人を感動させたい」と意気込みを語った。

◇舞手◇
三輪倫也(財光寺中1)黒木柊基(同)田島幸輝(同)薗田啓太(同)黒木颯柊(同)畝原怜暉(同)黒木のぞみ(財光寺南小5)渋谷颯介(財光寺小3)渋谷陸人(同1)