【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
県内一斉に防災行動訓練
本紙掲載日:2017-11-01
3面

地震発生を想定した午前10時、一斉に机の下で身を守る児童(11月1日、延岡市南方小学校)

11月1日、みやざきシェイクアウト

 「津波防災の日」と「世界津波の日」の11月1日、県民一斉防災行動訓練「みやざきシェイクアウト(地震災害訓練)」が行われ、県北の学校や事業所などでも、とっさの身の守り方をおさらいした。

 訓練は、南海トラフ巨大地震などの地震災害に対する防災意識の向上を図ろうと県が計画。あらかじめ午前10時を地震発生時刻と決めて、参加者はその時に自分がいる場所での安全確保を各自で訓練した。

 このうち、延岡市南方小学校(衣笠高広校長、678人)では授業中に、校内放送で「強い地震が起きました」と訓練を告知。5年生の教室では授業の声がピタリと止まり、子どもたちは一斉に机の下に身を隠した。

 この後、担任の宮島彰子教諭は児童に、「帽子や教科書、バッグなどでも頭を守りましたか?避難する時はガラスが落ちているかもしれないので、シューズはしっかりかかとまで履きましょう」などと指導した。

 南方小は一級河川の五ケ瀬川と大瀬川の分流地点に近いため、洪水時の氾濫を懸念。学期ごとに地震、火災、大雨を想定した防災訓練を実施しており、今回はそれとは別に、隣接する西階幼稚園と合同で、みやざきシェイクアウトに参加したという。

 南海トラフ地震が起きた場合、県北は最大震度7〜6弱の激しい揺れに襲われ、海岸部には最大15メートルの津波が押し寄せると想定されている。

 「自分の身は自分で守る」を合言葉として、県民に自発的な行動を呼び掛けた今回の訓練には、事前に7万5029人、402団体の参加登録があった(県危機管理室まとめ)。

 県は地震が起きた時には、,泙債磴頭を守りF阿ない―を基本に、12月5日までを期間として、シェイクアウトの実践を呼び掛けている。