【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
震災犠牲者へ思い込め−レクイエムコンサート
本紙掲載日:2017-11-01
8面

吉田義生さんの絵とコラボ−支援プロジェクト集大成

◆4日、延岡総合文化センター

 「つなごう!延岡・いわき・熊本支援プロジェクト」のチャリティーコンサート「レクイエム」(モーツァルト作曲)が、4日午後1時30分から延岡総合文化センター大ホールで開かれる。ドイツ在住の画家吉田義生さんが描いた絵画「モーツァルトのレクイエム機銑掘廚函崢吐鉢機↓供廖焚の長さ計12メートル)をバックに、県北混声合唱団と延岡フィルハーモニー管弦楽団が、震災で亡くなった人への思いを込めて演奏する。指揮は延岡市出身の山脇幸人さん(25)。

 同プロジェクトは、東日本大震災の翌年に吉田さんがドイツで開いた被災地支援コンサートを、吉田さんの妻良子さん(都城市出身)の友人八木千穗子さん(延岡市在住、美術講師)が知ったことに始まる。

 吉田さんは、モーツァルト没後200年(1991年)に「レクイエム」の絵と音楽をコラボレーションさせたコンサートを開催。被災地支援コンサートでは、自作の絵を縮小印刷し、販売した益金を被災地に送った。

 「このような活動を日本でもできないか?」

 そう提案を受けた八木さんは、退職教職員の作品展で吉田さんを紹介、音楽講師西垣昌代さん(現延岡混声合唱団指導者)の心を動かした。

 平成27年11月に合唱団が発足。「レクイエム」の練習を進める一方で、「第1プロジェクト」「第2プロジェクト」として、年度ごとにチャリティー作品展とミニコンサートを行ってきた。4日が、その集大成となる。

 合唱団は県北各地から集った89人。山脇さんからは内容の濃い直接指導を数回受け、先月22日からは延フィルとの合わせ練習が行われている。

 「200年以上も前に書かれた喜怒哀楽の音楽を現代の日本人が、しかも延岡で演奏するのはすごいこと。そこに自分が加えてもらえたことを光栄に思う」と山脇さん。

 西垣さんは「延岡ではなかなか聞けない音楽なので、ぜひたくさんの人に聞いてほしい。震災で亡くなったいわき、熊本の方々や今年亡くなった身近な人を思い出し、冥福を祈る気持ちで聞いてほしい」と話した。

         ▽          ▽

 「レクイエム」は死者のためのミサ曲。1791年、35歳のモーツァルトが死の直前まで病床で書き、未完となった作品で、その後、弟子のジュスマイヤーが完成させた。このエピソードは、映画「アマデウス」でも描かれ、音楽愛好者以外にもよく知られている。

 同コンサートではこのほか、東日本大震災被災地の復興支援ソング「花は咲く」、同被災地の岩手県大船渡市出身の新沼謙治さんが作詞作曲した「ふるさとは今もかわらず」、熊本県の民謡「五木の子守唄」、福島県いわき市の民謡「常磐炭坑節」を、県北地区の子どもたちが歌う。

◆指揮
【山脇幸人さん】
延岡高校、東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。2015年8月から1年間、ドイツのバイエルン国立歌劇場で研修生として学んだ。今年は韓国ソウルで行われた第2回民音国際指揮者講習会に参加、成績優秀者に選ばれ、ファイナルコンサートを指揮した。指揮を尾高忠明、チョン・チーユン、山田和樹の各氏、ピアノを江口怜氏に師事。

◆ソリスト
【日越喜美香さん】(ソプラノ)
日向市出身。大分県立芸術短期大学卒業。二期会研修生20期修了。

【愛甲久美さん】(メゾソプラノ)
宮崎市出身。東京学芸大学卒業、同大学院修了、二期会オペラスタジオ修了。

【田尻健さん】(テノール)
熊本県出身。関西学院大学法学部、エリザベト音楽大学大学院修了。

【伊藤純さん】(バス)
美郷町出身。大分県立芸術文化短期大学、東京芸術大学卒業、同大学オペラ科修士課程修了。

◆管弦楽
【延岡フィルハーモニー管弦楽団】
▽第1バイオリン=黒木佑基、山田郁子、境健太郎、押川洋樹、日高慶子、稲田竜斗
▽第2バイオリン=東原擁慈、田中唱、吉岡記史子、指宿明星
▽ビオラ=山本淳、麻田将貴、坪山敦子
▽チェロ=麻田あゆみ、三木美智子
▽コントラバス=小滝雄太、高濱明日香
▽クラリネット=北林鉄平、重黒木沙希
▽ファゴット=重松真央、甲斐沙都美
▽トランペット=山下隆志、原田貴志
▽トロンボーン=渡辺祥吾、本田明史、松原尚平
▽ティンパニ=服部響▽オルガン=川末矢江子

◆合唱
【県北混声合唱団】
▽ソプラノ=竹尾浩子、荒木万千代、池田恵美、岩切育美、内田みつ江、内山久美江、緒方まほ、沖米田安子、小野由美子、甲斐直子、河野裕子、菊池文子、北林明美、佐々木加代子、佐藤ひとみ、下田イザベル、中武幸子、中村加津代、中野誠子、津野田千恵、野々上伊都子、濱田千歳、三上鈴美、三輪サチ子、村本文子、安原美江、山崎まり子、吉本明子、若松優美
▽アルト=工藤由紀子、大藤恵美子、石橋満里子、甲斐亜希、甲斐京子、甲斐雅子、勝田昌子、菊池光子、木村映子、工藤生已、黒木悠子、後藤洋子、佐藤博子、下川清子、首藤実都樹、小野裕子、田中麻里子、田上恵子、瀬戸口幸枝、睨榾疝紗、土田妙子、難波麻記子、新名和子、奴田原君枝、東久美子、阪本恵美子、本多美智枝、室屋悦子、森かほる、矢野愛咲、吉田純子、渡邉久仁子
▽テノール=古田豊、原田和久、石橋直美、宇宿忠彦、甲斐恵次、梶原春次、後藤武則、佐竹久、末藤俊二、前田新治郎、森島秀喜、山崎誠、山本卓也、平田光良
▽バス=興梠純一、梅野恭一、徳田政俊、川瀬治、下川洋一郎、袖岡康人、濱田洋一、本多芳彦、磨田文男、三原悦男、山路哲平、山本満之、吉田和男、曽根和幸

【県北少年少女合唱団】
指揮=工藤由紀子▽ピアノ=津野田淑▽三味線=鈴木紀代子、新名千代▽尺八=吉田文夫
▽合唱=黒田音楽教室(黒田ありあ、竹原みなみ、山田直笑、日高葵子、稲田すみれ、森田結月、佐川千和、山崎南奈、安部真己、堀田蒼空、吉田真優子、興梠莉々依、西園寺菜沙、佐藤可菜、太田果那、小牧怜音、山崎彩椰奈、山田知依、甲斐友涼、甲斐夕葵、中田莉実愛、平川瑠華、竹原雪乃、小牧悠)、津野田音楽院(福良悠斗、小豆野東子、遠田亜胡、恒吉要、小豆野葉子、山本優莉香、小豆野結子、稀代星)、延岡少年少女合唱団(三谷乃愛、木村明日美、前田愛、甲斐夕花、柴田利音、田中夢奈、玉田紗月、甲斐一葉、黒木こはる、日睥ず據黒木愛美、宮井花貴)、土々呂中学校合唱部OG(吉川明花、岩切幸、岩切七音、川畑夏実、戸瞼拯ぁ岩切海音、内田幸歩、山澤凜花、和田悠花、黒木鞠亜、福永そら、伊藤怜、金井愛楽、楠本菜々、岡田莉苑、十川桃花、岩切愛海、三重野結夏、松川沙季)