【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
エコパーク登録でアウトドア客増
本紙掲載日:2017-11-02
3面

救助用ロープの技術を学ぶレスキュー3講習会の参加者(延岡市北方町の旧城小学校)

案内人・消防−万一に備え講習会

 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの登録で県北へのアウトドア客が増加する中、県地域づくりネットワーク協議会(杉田英治会長)は万一の事故に備えた「レスキュー3(スリー)講習会」を実施した。

 レスキュー3は米国を拠点に30カ国以上に支部を持つ、世界最大の民間訓練機関。今回は認定指導員の財田拓弥さん(大阪市、ポシビリティ合同会社代表)が、本格的な救助技術・要領を指導した。

 このうち、山岳救助の基本となるロープ技能の講習には、民間団体「ひむか感動体験ワールド(通称ノベスタ)」の案内人や延岡と西臼杵の消防から8人が参加。2日間の日程で延岡市北方町の旧城小学校で実技んだ。

 いずれも普段の活動でロープ技術は熟知しているが、講習ではあらゆる場面を想定して、資機材の使い分けや、より安全・効率的なロープの固定方法など、上級の技術を磨いた。

 滑落事故などの現場でつり上げ救助する技術では、複数のロープと留め具を使って力の支点を分散させる要領を指導。一方の支点が不安定な際に、さらに別の支点をつくって補強する方法なども学んだ。

 水辺での事故を想定した講習も実施。同所近くの川で急流の渡り方や、救助活動での連係、ボート救助の要領などを実習した。

 今年もすでに、大崩山で県外からの男性登山者が岩場から転落死する事故が起きており、山岳遭難も毎年のように発生。紅葉シーズンに向けて、登山客のさらなる増加が見込まれ、事故発生も懸念される。

 このため、指導する財田さんは、「資機材には利点だけでなく欠点もあるので、自分たちだけで事故対応・防止ができるよう、欠点の補い方などをしっかり身に付けてもらえれば」と期待していた。

 県地域づくりネットワーク協議会は、県内各地域の地域おこしグループなどで組織。人材育成や連係強化、情報発信、県からの受託事業などに取り組んでいる。