【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
笑顔で東海さるく
本紙掲載日:2017-11-03
7面

透明なアクリル板に絵を描く園児たち

地区を巡りアート鑑賞−延岡

 延岡市東海町の東海東地区一帯に設置されたアート作品やカフェなどを巡って楽しむ「東海さるく」が10月28、29日、同市牧町のリバーパル五ケ瀬川を中心に開かれた。NPO法人五ケ瀬川流域ネットワーク主催。

 東京芸術大学と金沢美術工芸大学の学生5人が事前に来延し、同地区で制作した作品を鑑賞する「アートinレジデンス」や、地域住民などが運営、販売するカフェなどに約200人が参加して盛り上がった。

 スタンプラリーでは、自転車のレンタルを利用して家族連れでサイクリングしながら同地区を回る姿も見られた。

 また、こばと保育園の園児ら34人も訪れており、透明なアクリル板に絵を描くなどして楽しんでいた。台風22号の影響により変更になった作品もあったが、高さ15センチの小さなフェンス、やぐらの頂上にある糸電話などさまざまなアート作品を展示、来場した人らを引き付けていた。

 東海さるくは、かつて千石船の基地として栄えた同区の魅力を発信しようと始まり16回目。東京芸術大学の林武史教授と金沢美術工芸大学のよしだぎょうこ教授と協力して行っている。