【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

肉用牛改良増頭へ研修

本紙掲載日:2017-12-04
2面
表彰を受けた皆さん

東臼杵郡市畜連−功労者ら4人を表彰

 東臼杵郡市畜連(藤本隆康代表理事)の第19回肉用牛改良増頭研修会が11月29日、延岡市の延岡家畜市場で行われ、畜産農家や関係者など約300人が参加した。表彰行事があったほか、肉用牛の繁殖と第11回全国和牛能力共進会に関する講演を聞いた。

 東臼杵郡市肉用牛改良協議会の加行保男会長は「和牛は今、世界中で人気があり、良い肉をつくれば高額でも消費は伸びます。体を第一にいたわりながら良い牛を残し、安定した収入を確保できるように努力しましょう」と呼び掛け。藤本組合長は「食肉市場を活性化するためにJA延岡、JA日向で連携を密にし、生産者の付託に応える努力を続けます。皆さまのさらなるご協力をお願いします」とあいさつした。

 来賓祝辞に続き、表彰行事があり、肉用牛功労者として治久丸新一さん(延岡市)と藤川盛竹さん(同)、平成28年度子牛最高価格販売者の児玉芳宣さん(日向市)と黒木アサ子さん(同)に藤本組合長から表彰状と記念品が贈られた。

 研修会では美郷町の獣医師中山二朗さんが「肉用牛の適切な分娩(ぶんべん)管理と新生子看護」、全国和牛登録協会県支部の長友明博局長が「第11回全共の総括そして更に前へチーム東臼杵」をテーマに講演した。

 このうち長友局長は、第11回全国和牛能力共進会に挑戦した「チーム東臼杵」の足跡を紹介。惜しくも代表牛は出なかったが「チーム東臼杵は間違いなく戦いの場にいた。そして牛も人も確実に成長した」と総括した。

 また、さらにレベルアップするため、今後の課題と目標として、頭数の確保と調教、全共に出品したい農家を増やすこと、技術員の心技体の充実――などを挙げ、奮起を促した。

その他の記事/過去の記事
page-top