【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
中尾諭介さん俳優として初舞台−ミュージシャン・延岡市出身
本紙掲載日:2017-12-04
7面

稽古に励む中尾さん(提供写真)

桑原裕子作・演出−「荒れ野」愛知、福岡、東京公演

◆「この経験を楽しみきりたい」−12月9、10日に北九州芸術劇場

 延岡市出身の中尾諭介さん(44)が、愛知県豊橋市の「穂の国とよはし芸術劇場PLAT」プロデュースで11月30日に開幕、12月22日まで豊橋、北九州、東京で上演される演劇「荒れ野」に出演している。俳優として舞台に立つのは初めて。

 中尾さんは延岡西高校卒。ロックバンド「IntheSoup」のギター、ボーカルとして都内を中心に活動。その傍ら、テレビ神奈川の部活応援プロジェクト「しゃかりき」にレギュラー出演するなど活躍の場を広げている。

 「荒れ野」の作・演出は桑原裕子さん。俳優、脚本家、劇作家など多方面で才能を発揮し、〃演劇界の芥川賞〃といわれる岸田國士戯曲賞候補に3回、平成21年の第64回文化庁芸術祭新人賞、27年には第18回鶴屋南北戯曲賞を受賞している。

 桑原さんが中尾さんと出会ったのは約15年前、中尾さんの延岡西高時代の同級生で劇団「ペテカン」の脚本・演出を手掛ける本田誠人さんの舞台だった。

 その時に中尾さんから受けた印象や、役に求める人柄などを加味し、「『面白い化学変化が起こるのでは』と、平田満さん(穂の国とよはし芸術劇場芸術文化アドバイザー)らに相談し、中尾さんに出てもらうことにしました」という。

 物語の舞台は、新興住宅地と団地に分かれた郊外の地方都市。大火災の発生により、新興住宅地の住民である窪井家は、かつての団地仲間の家で過ごすことに。一夜を供にする間に揺れ動く人間模様を描く。

 共演は、アル☆カンパニーの平田満さんと井上加奈子さん、青年座の増子倭文江さん、文学座の小林勝也さんらベテラン俳優。それにKAKUTAの多田香織さん、そして中尾さんが加わる。

 中尾さんは、今回の舞台への挑戦を「へこたれても下を向かない。この経験を楽しみきろう」と決意。「胃がキリキリしていた」状態で臨んだ初稽古での台本読みでは、「考える間もなく読んでいると、面白くて吹き出してしまった。何度か読んでいくうちに、緊張がワクワクに変わった」と振り返る。

 演じるのは団地の住民。「世の中からはみ出したような人物で、自分とは全然違う。演じるために、あまり思い出したくないような過去や出来事を掘り起こし、共通点を探して役に入っている」と語る。

稽古はほとんど毎日。ライブ活動やレギュラー番組の合間を縫いながら、「共通点を広げて、つなげて」の作業を繰り返し、役作りに努める。

 「共演者たちからは、心やその動きを表現することへの刺激をもらっている。ちょっとしたアドバイスをもらうことで、同じ言葉なのに世界が変わる−−こういう経験をさせてもらえるのは本当にありがたい。なおさら楽しみきりたい」

 桑原さんは「人間の心の中にある荒野を書きたかった」という。あらかじめ特定の俳優を決めてから脚本を書く「当て書き」で執筆。中尾さんの起用については、「男性キャストが1人決まってなかった。独特の色気と空気を持った人を探す中で、彼が頭に浮かんだ」と経緯を話す。

 稽古を重ねる中、桑原さんが中尾さんに感じたのは「いい意味で、計算できない新鮮なリアクションをとってくれる。それが他の俳優との掛け合いの中で、さらに面白くなっている」。

 中尾さんは舞台初日を前にこう語った。

 「緊張もあるが、楽しみ。見てくれた人が、身近な人に優しくなれたり、大切な人をさらにいとおしく思えたりしてくれたらうれしい」