【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向市軟式野球連盟が納会−最優秀審判に鈴野さん

本紙掲載日:2017-12-05
9面
最優秀審判の鈴野さん

 日向地区軟式野球連盟(遠山秀樹会長、森田廣行理事長)の平成29年度納会は12月2日、同市都町の大乃屋で開かれ、連盟に所属する学童、中学、一般各チームの関係者や審判員など約50人が出席し、今年1年間を振り返りながら、お互いの労をねぎらった。

 連盟の推薦で決まる審判員の表彰では、最優秀審判員に当たる夕刊デイリー新聞社賞に鈴野淺夫さん(67)=同市東郷町山陰辛=が選ばれた。

 鈴野さんは審判員歴約6年。同連盟理事として、一般、中学、学童各種大会の審判を通じ、常に率先して野球技術の指導育成に尽力。今年は約50試合でジャッジを務めた。

 「体調管理が一番。試合の前日は晩酌も控えます。まだまだ未熟なので、皆さんに迷惑を掛けないようにルールブックを開いて日々勉強中です。先輩方の技術をしっかり見て、試合がスムーズに進行できるように心掛けています」と振り返る。

 キンカン農家を営む傍ら、東郷学園の地域支援コーディネーターとして週3回勤務しているほか、東郷まちづくり協議会の会長や日向市農業委員なども務めている。

 表彰状を受け取った鈴野さんは「子ども時代の三角ベースから始め、この年齢まで好きな野球に携わることができてありがたい。これも家内をはじめ、多くの皆さんのおかげと感謝している。体の続く限り審判員を続けていきます」と感謝した。

 この日は市内各種大会の表彰式も行われた。席上、約50年にわたって同連盟で審判員を続け、今年度の第44回夕刊デイリー明るい社会賞に輝いた吉野勝正さん(78)の表彰伝達式もあり、出席者から拍手で祝福された。

その他の記事/過去の記事
page-top