【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 
ホーム | その他の記事・過去の記事
地元企業への理解深める
本紙掲載日:2017-12-14
8面

興電舎の工場内を見学し、説明を受ける延岡工業高校電気電子科の1年生

延岡工業高「教えて先輩」

 延岡工業高校(長友健祐校長)の1年生約240人は12月12日、同校と同市浜町の興電舎(甲斐稔康社長)で「教えて先輩」と題した研修会を開いた。県工業会県北地区部会、人材育成文化会(島原俊英委員長)主催。

 同研修会は、高校生に業務内容や働く意味などを考える場を提供し、地元企業への理解と就職先の幅を広げてもらおうと平成20年から毎年実施している。

 この日は、趣旨に賛同する旭有機材、興電舎、SOSKニアショアシステムズ、湯川建設、吉玉精鍍、キサヌキの6社が講師を務め、生徒たちは各科に分かれて、各社の特徴ある企業概要や社会人としての働き方などについて説明を受けた。

 このうち、電気電子科の生徒を招いた興電舎では、昨年同校を卒業したばかりの税田啓太さん(19)=製造部製造課工作係=が講話。

 自身が普段行っている塗装などの業務を説明し「現場に出ても、資格がないとできない作業もあるので、電気工事士や施工管理士、電気主任技術士などできるだけ多くを取得しておいた方が良い。仕事のやりがいにも差が出てくる」と呼び掛けた。

 この後、生徒たちは興電舎の工場内を回り、製造ラインを見学。甲斐雄輝君は「電気関係の工場を見るのは初めてだった。普段勉強していることが、これから先、形になることが分かってためになった」と話していた。